コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二河 ニガ

デジタル大辞泉の解説

に‐が【二河】

仏語。火のと水の河。人間の瞋憎(しんぞう)を火に、貪愛(とんあい)を水にたとえたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にが【二河】

〘仏〙 水の川と火の川。貪愛とんあいと瞋憎しんぞうの煩悩ぼんのうをそれぞれにたとえたもの。 → 二河白道にがびやくどう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二河の関連キーワード彼岸(仏教、民俗)津打治兵衛(2代)津打治兵衛(2世)光明寺(京都府)万福寺(島根県)新うすゆき物語呉海軍刑務所近松門左衛門浄土教美術パキスタン熊野[町]津打治兵衛本庄貯水池桜姫東文章清玄・桜姫高橋 荘吉二河白道図呉(市)清玄桜姫土佐少掾

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二河の関連情報