コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二税戸 にぜいこer-shui-hu; êrh-shui-hu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二税戸
にぜいこ
er-shui-hu; êrh-shui-hu

中国,王侯貴族功臣寺院に賜与された民戸。彼らはその所属領主と官とにそれぞれ納税の義務を負った。遼滅亡とともに王侯,貴族の二税戸は自然解消したが,寺院の二税戸は代まで残り,僧の奴隷と化したので,金は国家財政の強化と寺院に対する統制強化のため,世宗の大定2 (1162) 年と同 29年の2回,二税戸の解放を行い,二税戸は完全に消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android