コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二道説 にどうせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二道説
にどうせつ

インド哲学における輪廻説の一つ。ウパニシャッドに説かれ,プラバーハナ王の所説に帰せられている。二道とは,神道と祖道で,前者は解脱してこの世に帰らない人の道程をさし,後者は,この世に再び戻ってくる人の順路を示している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

二道説の関連キーワードインド哲学/用語教相判釈

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android