コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二道説 にどうせつ

1件 の用語解説(二道説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二道説
にどうせつ

インド哲学における輪廻説の一つ。ウパニシャッドに説かれ,プラバーハナ王の所説に帰せられている。二道とは,神道と祖道で,前者は解脱してこの世に帰らない人の道程をさし,後者は,この世に再び戻ってくる人の順路を示している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二道説の関連キーワードインド哲学ドイッセンブラフマン優婆尼沙土ベーダーンタ学派印哲《近代の哲学・科学における認識問題》地形輪廻説《チャーンドーギヤ・ウパニシャッド》《マーンドゥーキヤ・ウパニシャッド》