コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖道 そどう pitṛyāṇa

3件 の用語解説(祖道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祖道
そどう
pitṛyāṇa

ウパニシャッドの死後観を示すもので,二道の一つ。人々は死後に月の世界におもむくが,そこにとどまって善行の果報が尽きてからこの世に降下して,再びこの世界に生れることをいう。これに対して月の世界から梵天 (ブラフマー) の世界に達するのを神道 devayānaと称する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そ‐どう〔‐ダウ〕【祖道】

旅立ちのとき、道祖神を祭って道中の安全を祈ること。また、旅立つ者を送る宴。
「―の筵(えん)を張ろうって催しだ」〈魯庵くれの廿八日
祖師の示した教え。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そどう【祖道】

道祖神をまつって旅行中の無事を祈ること。旅立つ人を、宴を設けて送ること。 「 -の宴」
祖師の説いた教え。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の祖道の言及

【解脱】より

…何ものとして再生するかは,前生での善悪の寡多による。この経路を〈祖道(そどう)(ピトゥリ・ヤーナpitṛ‐yāna)〉という。祖道によってこの世に再生したものはやがてまた老死の苦しみを受けるが,神道によってブラフマーの世界に達したものには再生がなく,したがってまた死ぬこともない。…

【道】より

…なお道と同様に使われる路(横の連絡みち)や塗(土をおしのばし固めたみち)も関係が深い。道が祓除の場であり,聖なる空間として認識されたという想定は,祖道と称し,道祖神をまつることともつながる。古代中国では,例えば国都の城内大道の使用は厳格に規定され,道の中央は王のみが通行する場所であった。…

※「祖道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

祖道の関連キーワード全周路・道道央道東道南道北道・路・途・径下ッ道中ッ道

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祖道の関連情報