道程(読み)どうてい

日本大百科全書(ニッポニカ)「道程」の解説

道程
どうてい

高村光太郎(こうたろう)の第一詩集。1914年(大正3)10月、抒情(じょじょうし)社刊。1910年(明治43)の「失はれたるモナ・リザ」から14年の「秋の祈」までの、詩75編、小曲32編を収める。これらの作品は『スバル』『朱欒(ざんぼあ)』『白樺(しらかば)』『創作』などに発表されたものである。詩集の構成は、作品を年代順に並べた当時においては特異なもので、詩人の内的形成をそのまま示そうとしたものと理解される。すなわち、帰国後、デカダンスの渦に巻き込まれて苦闘した時期の作から、智恵子(ちえこ)に巡り会い、彼女との愛の成就(じょうじゅ)を祈りを込めて歌い上げた作までを並べ、その自己定立の歩みを劇的に展開している。前半部には「根付(ねつけ)の国」や「父の顔」などが収められ、青春の激しい情動と日本風土への屈折した批判に特色があり、後半部には「道」や「五月の土壌」などがあって、転生の祈念と自然理法への賛嘆に特色がある。

[安藤靖彦]

『『高村光太郎詩集』(岩波文庫・旺文社文庫・新潮文庫)』『北川太一著『高村光太郎』(1965・明治書院)』『吉本隆明著『高村光太郎 決定版』(1966・春秋社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「道程」の解説

どうてい【道程】[書名]

高村光太郎の第1詩集。大正3年(1914)刊。情熱燃焼や生の充実感をうたう。

どう‐てい〔ダウ‐〕【道程】

ある地点に着くまでの距離。みちのり。行程。「一日の道程
ある境地・状態になるまでの時間。過程。「完成までの道程

みち‐のり【道程】

ある地点から他の地点までの道の長さ。目的地までの道路の距離。どうてい。「駅まで五キロの道程」「かなりの道程がある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「道程」の解説

どう‐てい ダウ‥【道程】

[1] ある地に行き着くまでの距離。みちのり。また、物事が変化していく過程。
※後二条師通記‐応徳三年(1086)二月二日「道程何等事候之由令申也」
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉三「彼は先日来の寿代さんの態度を解しかねたが、道程(ダウテイ)は兎に角結末はかうなくてはならぬ」
[2] 詩集。高村光太郎作。大正三年(一九一四)刊。作者の第一詩集で、七六編の長短詩より成る。前半は享楽と頽廃の世界における自意識の混迷焦燥を、後半はそこから脱出した生の充実感を力強くうたう。

みち‐のり【道程】

〘名〙 ある地点から他の地点までの道路の距離。行程。里程。〔観智院本名義抄(1241)〕
※談義本・銭湯新話(1754)二「江戸から纔十里たらずの行程(ミチノリ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「道程」の解説

道程
どうてい

高村光太郎の詩集。 1914年刊。 10~14年の作品 79編より成る。前半部は自我確立を求める彷徨と情熱の燃焼がうたわれ,代表作『道程』を含む後半部は平明な口語詩による主体の確立へと向い,大正の詩壇に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「道程」の解説

どうてい【道程】

高村光太郎の第1詩集。1914年(大正3)刊。76編から成る。〈《道程》は“泥七宝”の小曲をにして截然と前後に切れてゐる〉と著者自身のちに回想して言うとおり,前半は大部分が欧米遊学から帰国し,心身ともに反逆,焦燥,退廃の生活に没入していた時期の作である。〈失はれたるモナ・リザ〉〈根付の国〉〈寂寥〉などの怒りと絶望の詩がそこに含まれる。後半は長沼智恵子との恋愛の時期に重なる。〈僕の前に道はない/僕の後ろに道は出来る〉(〈道程〉)と,再生の喜びと決意を歌う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の道程の言及

【詩】より

…《スバル》は指導者に森鷗外を仰ぎ,石川啄木,吉井勇その他多くの新進詩人,作家,劇作家らを擁した。同じく《スバル》で活躍した高村光太郎は,口語を駆使して書かれた最初の重要な詩集《道程》(1914)を刊行,生命の爆発的燃焼と倫理的な意志にもとづくその理想主義的作風は,大正詩の新たな出発を鮮やかに告げた。一方,白秋門の萩原朔太郎は《月に吠える》(1917)や《青猫》(1923)によって近代人の孤独な自我の内景を表現し,〈“傷める生命”そのもののやるせない絶叫〉とみずからいう世界を言語化した。…

※「道程」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android