コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道程 どうてい

9件 の用語解説(道程の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道程
どうてい

高村光太郎の詩集。 1914年刊。 10~14年の作品 79編より成る。前半部は自我の確立を求める彷徨と情熱の燃焼がうたわれ,代表作『道程』を含む後半部は平明な口語詩による主体の確立へと向い,大正の詩壇に大きな影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どう‐てい〔ダウ‐〕【道程】

ある地点に着くまでの距離。みちのり。行程。「一日の道程
ある境地・状態になるまでの時間。過程。「完成までの道程

どうてい【道程】[書名]

高村光太郎の第1詩集。大正3年(1914)刊。情熱の燃焼や生の充実感をうたう。

みち‐のり【道程】

ある地点から他の地点までの道の長さ。目的地までの道路の距離。どうてい。「駅まで五キロの―」「かなりの―がある」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どうてい【道程】

高村光太郎の第1詩集。1914年(大正3)刊。76編から成る。〈《道程》は“泥七宝”の小曲を境にして截然と前後に切れてゐる〉と著者自身のちに回想して言うとおり,前半は大部分が欧米遊学から帰国し,心身ともに反逆,焦燥,退廃の生活に没入していた時期の作である。〈失はれたるモナ・リザ〉〈根付の国〉〈寂寥〉などの怒りと絶望の詩がそこに含まれる。後半は長沼智恵子との恋愛の時期に重なる。〈僕の前に道はない/僕の後ろに道は出来る〉(〈道程〉)と,再生の喜びと決意を歌う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どうてい【道程】

みちのり。行程。 「一か月の-」
ある所・状態へ行き着くまでのみちすじ。過程。 「完成までの-は厳しいものだった」

どうてい【道程】

詩集。高村光太郎作。1914年(大正3)刊。生命の肯定と情熱の燃焼を平明な言葉でうたう。作者の第一詩集で、理想主義的傾向を示している。

みちのり【道程】

目的地までの距離。行程。どうてい。 「一時間ほどの-」 「長い-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道程
どうてい

高村光太郎(こうたろう)の第一詩集。1914年(大正3)10月、抒情詩(じょじょうし)社刊。1910年(明治43)の「失はれたるモナ・リザ」から14年の「秋の祈」までの、詩75編、小曲32編を収める。これらの作品は『スバル』『朱欒(ざんぼあ)』『白樺(しらかば)』『創作』などに発表されたものである。詩集の構成は、作品を年代順に並べた当時においては特異なもので、詩人の内的形成をそのまま示そうとしたものと理解される。すなわち、帰国後、デカダンスの渦に巻き込まれて苦闘した時期の作から、智恵子(ちえこ)に巡り会い、彼女との愛の成就(じょうじゅ)を祈りを込めて歌い上げた作までを並べ、その自己定立の歩みを劇的に展開している。前半部には「根付(ねつけ)の国」や「父の顔」などが収められ、青春の激しい情動と日本風土への屈折した批判に特色があり、後半部には「道程」や「五月の土壌」などがあって、転生の祈念と自然理法への賛嘆に特色がある。[安藤靖彦]
『『高村光太郎詩集』(岩波文庫・旺文社文庫・新潮文庫) ▽北川太一著『高村光太郎』(1965・明治書院) ▽吉本隆明著『高村光太郎 決定版』(1966・春秋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の道程の言及

【詩】より

…《スバル》は指導者に森鷗外を仰ぎ,石川啄木,吉井勇その他多くの新進詩人,作家,劇作家らを擁した。同じく《スバル》で活躍した高村光太郎は,口語を駆使して書かれた最初の重要な詩集《道程》(1914)を刊行,生命の爆発的燃焼と倫理的な意志にもとづくその理想主義的作風は,大正詩の新たな出発を鮮やかに告げた。一方,白秋門の萩原朔太郎は《月に吠える》(1917)や《青猫》(1923)によって近代人の孤独な自我の内景を表現し,〈“傷める生命”そのもののやるせない絶叫〉とみずからいう世界を言語化した。…

※「道程」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

道程の関連キーワード高村豊周金井直高村レモン忌桜地人館高村光太郎記念館会田綱雄北川太一草野天平高村規

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道程の関連情報