コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二道 フタミチ

デジタル大辞泉の解説

ふた‐みち【二道】

二つの方向に分かれている道。また、道が二つあること。
「君は思い断(き)るかかまわず突進するか、―だ」〈滝井無限抱擁
二股(ふたまた)2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にどう【二道】

二つの道。二つの方面。 「文武-」
〘仏〙 仏道修行の見地から信仰の形態や段階を二種に区別したもの。難行道と易行道、教道と証道、有漏道うろどうと無漏道むろどう、無間道と解脱道など。
男色と女色の道。

ふたみち【二道】

二方向に向かう、二本の道。また、ふたまた道。
二股」に同じ。
二人の異性と関係をもつこと。 「 -ヲカクル/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二道の関連キーワード行き合う・行合う・行き逢うタンヅ(堂子)文武二道万石通朋誠堂喜三二小谷庄兵衛柴田 花守飛鳥井雅経高山たつ恋川春町新田邦光飛鳥井家二つの道柴田花守手柄岡持松下千代鍬形蕙斎荒ぶる神小谷三志下がり易行道

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android