二郎神(読み)じろうしん(英語表記)Èr láng shén

世界大百科事典 第2版の解説

じろうしん【二郎神 Èr láng shén】

中国,民間の神の名で,秦代のの太守,李冰(りひよう)の第2子をまつったものという。廟宇が四川省灌県北西の灌口にあったことから〈灌口二郎〉ともよばれる。李冰は灌県を流れる岷江(みんこう)の治水(都江堰)に功績があったので,古くから信仰されていたが,宋代に分化してその子二郎の神格が生まれたと考えられる。また隋の煬帝(ようだい)が蜀の嘉州太守に任じ,同じく治水に功績のあった趙昱(ちよういく)とする説もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android