孫悟空(読み)そんごくう(英語表記)Sun Wu-kong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孫悟空
そんごくう
Sun Wu-kong

中国,明の小説『西遊記』の主人公。仙石から生れた神通力をもつ猿。天界を騒がせた罪で五行山下に閉じ込められていたが,のち天竺に取経に行く三蔵法師に助けられ,法師の従者となり,猪八戒 (ちょはっかい) ,沙悟浄 (しゃごじょう) とともに三蔵をさまざまな危難から守る。史実であった唐の玄奘 (げんじょう。三蔵法師) の取経旅行は唐末にはすでに伝説化し,宋代には講談の題材となった。架空の従者孫悟空の原型は南宋末の書とみられる『大唐三蔵取経詩話』に猴行者 (こうぎょうじゃ) の名で登場し,その後の物語の発展過程で徐々に重要人物化していった。『西遊記』では,生一本でおだてに乗りやすい底抜けに明るい性格に描かれ,縦横の活躍をし,元来主人公であるはずの三蔵法師の影を薄くしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そん‐ごくう【孫悟空】

中国の長編小説西遊記」に登場する怪猿。石から生まれ、変化の術と觔斗雲(きんとうん)の術とを修得して天宮を騒がせ、如来によってとりおさえられる。のち、天竺(てんじく)に経文を取りにいく玄奘(げんじょう)三蔵(さんぞう)に助け出され、猪八戒(ちょはっかい)、沙悟浄(さごじょう)とともに道中の81難から玄奘を守り、目的を果たす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

孫悟空【そんごくう】

中国,明代の小説《西遊(さいゆう)記》の主人公。孫行者とも。花果山の仙石から生まれた妖猿。神通力をもち,反骨精神が盛ん。天宮を騒がして,釈迦如来により五行山に幽閉される。のち猪八戒(ちょはっかい)らと玄奘(げんじょう)に随行,西方,天竺(てんじく)への取経の旅で大活躍する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そんごくう【孫悟空 Sūn Wù kòng】

中国の小説《西遊記》に登場する猿の名。花果山の石から生まれ水簾洞で美猴王と称し,やがて仙人より72般の仙術を教わって神通力を身につけ,孫悟空の名を与えられる。次いで斉天大聖と名のって竜宮,地府,天界を荒らしまわったあげく,釈迦如来によって五行山の岩に閉じこめられ,母の胎内たる石の中で再生を期す。500年後にここを通りかかった玄奘(げんじよう)に助けられ,その弟子として猪八戒(ちよはつかい),沙悟浄(さごじよう)とともに西天取経の旅に出,妖怪どもを退治しつつめでたく目的を達し,その功績で闘戦勝仏となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そんごくう【孫悟空】

中国、明代の長編小説「西遊記」の主人公の猿。觔斗雲きんとうんに乗って十万八千里を飛ぶ大神通力を持ち、天上界に押しかけて大暴れするが、釈迦如来の法力で五行山の下敷きにされる。のち三蔵法師に助け出されてその供をし、多くの困難を克服してインドから経典をもたらす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孫悟空
そんごくう

中国、明(みん)代の長編小説『西遊記』の主人公。花果山(かかざん)の仙石から生まれた石猿の悟空は、変化(へんげ)の術を身につけ、自由自在に伸び縮みする如意棒(にょいぼう)を振るい天宮を騒がすが、如来(にょらい)によって五行山下に取り押さえられる。三蔵法師玄奘(げんじょう)の従者となることで救い出された悟空は、猪八戒(ちょはっかい)、沙悟浄(さごじょう)とともに九九八十一難(くくはちじゅういちなん)から法師を守り無事取経の目的を果たす。玄奘の取経旅行は唐代にすでに伝説化されるが、悟空は南宋(なんそう)の『大唐三蔵取経詩話』のなかに猴行者(こうぎょうじゃ)として初めて登場する。その後の物語の成長発展に伴い、悟空は縦横無尽の活躍をするようになる。悟空の起源については種々の説があり、仏典に、あるいは中国の古い説話のなかに、あるいはインドの『ラーマーヤナ』に起源を求めるが、まだ確定的な説はない。この人・猿・神の三性を兼ね備えた悟空は勇猛果敢に妖怪(ようかい)どもと闘うが、単純・短気で、おだてにものりやすい。底抜けに明るい悟空の野性味は、倫理の枠を超えて読者に強く迫り、優柔不断な三蔵法師にかわり完全に主人公化している。[桜井幸江]
『中野美代子著『孫悟空の誕生――サルの民話学と「西遊記」』(1980・玉川大学出版部)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の孫悟空の言及

【西遊記】より

…また,同じ主題による戯曲も金・元代に作られていたが,現存するのは明初の楊景賢(楊景言とも伝えられる)の《西遊記雑劇》のみである。 こうして,明刊本《西遊記》へと集大成されていったが,物語発展の過程で,実質的な主人公は,玄奘から孫悟空へと移し変えられていった。現存する明刊本の構成は,(1)孫悟空の生い立ちと〈大閙天宮(だいどうてんぐう)(大いに天宮をさわがす)〉故事(第1~7回),(2)観音による取経者さがし(第8回),(3)玄奘の生い立ち(第9回),(4)唐太宗の地獄めぐり(第10~12回),(5)西天取経の旅(第13~100回)となっている。…

【サル(猿)】より

…宋代ころからは猿の神秘性はうすれ,代わって猴をめぐる話が優勢となる。小説《西遊記》に登場するサル孫悟空は,宋代以降にわかに優勢になった猴の代表者であるが,そのイメージには,猿をめぐる伝承も,また遠くインドのハヌマットの要素も,ともに揺曳(ようえい)している。中国の奥地の山中にすむシシバナザル(金糸猴,仰鼻猴)も,その美しい金毛や特異な容貌(青い顔とあおむきの鼻孔)のゆえに多くの伝説をもっているし,野人,野女と呼ばれる猿も,今日まで話題を提供し続けている。…

【手】より

…巨人症などでは手も大きく,すでに松浦静山《甲子(かつし)夜話》には手首より中指先まで約29cmある身長7尺3寸(約2m20cm)の釈迦嶽(しやかがたけ)という力士の手形の話がある。釈迦が手を自在に大きくした話は《西遊記》にあり,孫悟空がひと跳び10万8000里をいく觔斗雲(きんとうん)を駆って,いかに飛んでも釈迦の手掌から出られなかった。仏の手には不思議が多く,阿弥陀如来の手掌には1000本の車の輻(や)がすじとなって交差し,その放つ光は金の水となって畜生を畏怖(いふ)させる。…

【ハヌマット】より

…たとえば,ラーマが戦場において失神したとき,彼はヒマラヤ山中へ飛び,薬草のある山を引き抜いて運んで来て,ラーマを蘇生させる。ハヌマットは《西遊記》の孫悟空のモデルであるという説もあるが,彼も広く民衆に愛され,崇拝され続けている。彼が曲芸師やレスラーの守護神であるということも興味深い。…

※「孫悟空」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

孫悟空の関連情報