コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岷江 ミンコウ

世界大百科事典 第2版の解説

みんこう【岷江 Mín jiāng】

中国,四川省中央を南北流する河川。〈びんこう〉とも読む。甘粛省との境界をなす岷山に源をもち,南流して四川盆地の西に出,峨嵋山の東で大渡河を合し,さらに南東流して宜(ぎひん)で長江(揚子江)に合す。流長793km。漢代にはこれが長江の源流と考えられていた。成都と重慶,その他長江中・下流域と結ぶ水運要路として,四川第一の河川であった。歴史的には宜賓より下流をも岷江(あるいは汶江や都江ともいう)と称した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みんこう【岷江】

中国、四川省中部を流れる河川。省北端の岷山に源を発し、南流して四川盆地をうるおし、長江に注ぐ。長さ630キロメートル。ミン-チアン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岷江
びんこう / ミンチヤン

中国、四川(しせん)省中部の川。全長793キロメートル、流域面積13万5500平方キロメートル。四川省北部の岷山山脈南西麓(ろく)から南流し、灌(かん)県で山地から成都(せいと)平原に出る。ここで多数の分流となるが、彭山(ほうざん)付近でふたたび合流して南流、楽山で大渡河(だいとが)をあわせたのち南東流して宜賓(ぎひん)で揚子江(ようすこう)に流入する。『書経』の「禹貢(うこう)」以来清(しん)代まで揚子江の源流と誤認されていた。なお、成都平原の分流は秦(しん)代からの灌漑(かんがい)水路網でもある。[小野菊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岷江の言及

【岷江】より

…成都と重慶,その他長江中・下流域と結ぶ水運の要路として,四川第一の河川であった。歴史的には宜賓より下流をも岷江(あるいは汶江や都江ともいう)と称した。四川盆地への出口では,外江・内江その他の支流に分流し,広大な扇状地を形成するが,その頂点の灌県には戦国時代に都江堰(とこうえん)が設けられ,成都平原の開発がすすめられた。…

【治水】より

…前256年蜀の太守に任ぜられた李冰によって建設された都江堰(とこうえん)は,これらの古代水利工事のうちでもとくに著名である。四川省成都灌県の岷江(みんこう)に築かれ,人工的に山を切り開いた宝瓶口から岷江の河水を成都平原の灌県に導き入れるもので,川の中央に魚嘴(ぎよし)を築いて東側の支渠と西側の岷江本流とに二分するが,飛沙堰を設けて支渠に流入する水量を調節する措置が施され,灌漑と防洪の両面を具備した点に特色がある。前246年に鄭国が設計,建設した鄭国渠(きよ)は,陝西省涇陽県から涇水の水を東に引いて洛水に注ぎ入れる全長200km近い工程で,関中平原を灌漑し,塩漬地の改造をもたらした。…

※「岷江」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岷江の関連キーワード四川ジャイアントパンダ保護区群トーチヤンイエン(都江堰)市ウートンチヤオ(五通橋)区ミンシャン(岷山)山脈ウェンチヤン(温江)県タートー(大渡)河トー(沱)江梶山次俊大雪山脈岷江入楚中院通勝中院家ミン川都江堰二郎神五通橋金沙江雅安三江沱江

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岷江の関連情報