天宮(読み)ティアンゴン

デジタル大辞泉の解説

ティアンゴン【天宮】

中華人民共和国の宇宙ステーション実験機の名。全長10.4メートル、最大直径3.35メートル、重量8.5トン。実験モジュールと資源モジュールで構成され、居住空間は約15立方メートル。2011年9月に天宮1号が打ち上げられ、2012年6月に神舟9号と有人ドッキング実験に成功。2016年頃から制御不能となり、2018年4月に地球に落下した。一方、2016年9月に予備機である天宮2号が打ち上げられ、同年10月から11月にかけて有人運用が行われた。

てん‐きゅう【天宮】

ティアンゴン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐きゅう【天宮】

〘名〙
天帝宮殿。転じて、天空のこと。〔水経注‐渭水〕

てん‐ぐ【天宮】

〘名〙
① 仏語。天人の宮殿。てんぐう。
※経国集(827)一一・現果詩〈空海〉「春風一起馨香遠、花蕚相暉照天宮

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天宮の関連情報