コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二・二八事件 ににはちじけん

1件 の用語解説(二・二八事件の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ににはちじけん【二・二八事件】

1947年に起こった台湾住民による反中国国民党暴動。1945年10月,台湾省行政長官陳儀らの国民党政権台湾接収委員は日本植民地当局から施政権を引き継いだ。当初,台湾住民は祖国復帰を歓迎した。しかし本省人(第2次大戦前から台湾に居住していた漢族)が,省政府から排除されたり,日本資産の接収をめぐる不正が横行,また大陸出身の官吏・兵士が無能で規律を遵守しないため,社会的混乱が発生した。さらに悪性インフレが進行,本省人の不満は急激に増大した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二・二八事件の関連キーワード仇教運動住民基本台帳団練天保の飢饉出来事シス-トランステスト2・28事件台湾の先住民台湾名義国連加盟の住民投票米国による台湾への武器売却

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二・二八事件の関連情報