コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

于勒 うろく U‐rok

1件 の用語解説(于勒の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うろく【于勒 U‐rok】

朝鮮,6世紀の加羅(加耶)の楽師。生没年不詳。大加耶(高霊)の人。伽倻琴(かやきん)(十二弦琴)の作曲者として12曲がその作に仮託された。伝説に,新羅の真興王による加羅併合(562)のころ,新羅に投じて国原(忠州)に住み,琴・歌・舞を教えたという。のち伽倻琴は宮廷音楽に採用され,新羅楽のなかで栄えて多くの楽曲をうみ,日本の宮中にも伝来した。忠州には琴休浦と弾琴台の地名が残っている。【大井 剛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の于勒の言及

【箏】より

… 朝鮮の代表的な箏類である伽倻琴は12弦で,新羅で盛んであったことから日本に伝えられたものを新羅琴(しらぎごと)と称し,正倉院に保存されている。伽倻琴は,《三国史記》によれば,6世紀に伽倻国嘉実王が中国の箏を模して作り,楽人于勒(うろく)が12曲を作曲したという。新羅時代の土偶をみると,現在の正楽(広義の雅楽)用伽倻琴(風流伽倻琴または法琴ともいう)と同じ特徴,つまり胴の尾端に羊耳頭を備えている。…

※「于勒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

于勒の関連キーワード衛満伽倻琴加羅コンソート浄飯王バーナ任那右方の楽加耶吉士老

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone