コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十嵐派 いがらしは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五十嵐派
いがらしは

蒔絵師の流派。足利義政に仕えた室町時代五十嵐信斎 (しんさい) を祖とし,幸阿弥派と並び称された。2代の甫斎は豊臣秀吉に仕えた。初代,2代ともに生没年未詳で,作品の確証あるものもない。3代の道甫 (?~1678) は天正年間 (1573~92) 京都に住む。前田家に招かれて加賀に移り,加賀蒔絵の基を開き,晩年は京都に帰る。代表作は『秋野蒔絵硯箱』。4代の道甫喜三郎は前田利常に招かれて加賀に定住し,加賀蒔絵を発展させ,以後大正までこの系統が続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

五十嵐派の関連キーワード五十嵐道甫(2代)蒔絵師

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android