コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿弥派 あみは

4件 の用語解説(阿弥派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿弥派
あみは

日本絵画史の用語で,室町時代,足利将軍家同朋能阿弥芸阿弥相阿弥の系譜をいう。画系として一定の様式にくくれるわけではないが,将軍家所蔵の中国画を管理し,鑑定,表装,座敷飾りなどにあたる特別の地位についたため一括して呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あみ‐は【×弥派】

室町幕府の同朋衆(どうぼうしゅう)で、水墨画を制作した能阿弥芸阿弥相阿弥の3代とその周辺の画家。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

阿弥派【あみは】

室町時代,絵画,茶の湯など諸芸の専門家の一派。時宗(じしゅう)の門徒で,形式上出家をして南無阿弥陀仏の6字の名号からとった阿弥を名前につけた。足利義教以降将軍家の同朋(どうぼう)衆,幕府の唐物奉行(からものぶぎょう)として鑑定,画作,諸道具の使用法等の相談にあずかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あみは【阿弥派】

室町時代,足利将軍家に仕えた同朋衆のなかに,能阿弥(真能),芸阿弥(真芸),相阿弥(真相)という3代にわたって諸芸に秀でた人々がいた。この3人を三阿弥と呼び,彼らによって制作された水墨画を主とした絵画と,その影響をうけた周辺の画家たちの画風を総称して,阿弥派の作品または阿弥派画風と称するようになった。しかしこれらの作品に共通する様式的特徴はかならずしも明確にとらえることはできず,したがって鑑賞用語としてはともかく,美術史上の概念を示す呼称にはいたっていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿弥派の関連キーワード同朋同朋衆室町殿文阿弥立阿弥御末公方者三阿弥空海(2)景阿弥

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone