コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿弥派 あみは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿弥派
あみは

日本絵画史の用語で,室町時代,足利将軍家の同朋能阿弥芸阿弥相阿弥系譜をいう。画系として一定の様式にくくれるわけではないが,将軍家所蔵の中国画を管理し,鑑定,表装座敷飾りなどにあたる特別の地位についたため一括して呼ばれる。将軍義政の趣味的世界に集約される東山文化のなかで,義政に直結する立場にあったため,絵画界で一つの勢力を形成したと考えられ,名声を博した。また茶の湯に及ぼした影響も大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

阿弥派【あみは】

室町時代,絵画,茶の湯など諸芸の専門家の一派時宗(じしゅう)の門徒で,形式上出家をして南無阿弥陀仏の6字の名号からとった阿弥を名前につけた。足利義教以降将軍家の同朋(どうぼう)衆,幕府の唐物奉行(からものぶぎょう)として鑑定,画作,諸道具の使用法等の相談にあずかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あみは【阿弥派】

室町時代,足利将軍家に仕えた同朋衆のなかに,能阿弥(真能),芸阿弥(真芸),相阿弥(真相)という3代にわたって諸芸に秀でた人々がいた。この3人を三阿弥と呼び,彼らによって制作された水墨画を主とした絵画と,その影響をうけた周辺の画家たちの画風を総称して,阿弥派の作品または阿弥派画風と称するようになった。しかしこれらの作品に共通する様式的特徴はかならずしも明確にとらえることはできず,したがって鑑賞用語としてはともかく,美術史上の概念を示す呼称にはいたっていない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

阿弥派の関連キーワード川之辺 一朝五十嵐信斎川之辺一朝兼国(2)表具・表装室町幕府狩野元信単庵智伝五十嵐派栗本派山水画古満派幸阿弥

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android