コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五山様 ござんよう

1件 の用語解説(五山様の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ござんよう【五山様】

五山(五山・十刹・諸山)の禅僧たちが書いた書風の総称。室町時代以降,五山の僧は幕府と密接な関係を結び,政治や外交の顧問として重要な役割を果たし,また文化面において活躍した。留学僧や渡来の僧は,宋・元の禅林で行われた漢詩文の作風を日本に移植し,語録や詩文の制作に熱中し,新しい境地を開いた。そして,それらを揮毫(きごう)するために,禅宗寺院を中心に宋元風の書が流行した。彼らの墨跡は,宋・元の正統な書法に従うものもあるが,書風の上から見ると,大半は書法をよそに,いわば破格法外の,厳しい修行によって得られた精神の高さが滲み出ているものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五山様の関連キーワード鎌倉五山公帖五山版五山文学十刹尼五山尼寺五山鎌倉尼五山関東十刹五山十刹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone