コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五山様 ござんよう

世界大百科事典 第2版の解説

ござんよう【五山様】

五山(五山・十刹・諸山)の禅僧たちが書いた書風の総称。室町時代以降,五山の僧は幕府と密接な関係を結び,政治や外交の顧問として重要な役割を果たし,また文化面において活躍した。留学僧や渡来の僧は,・元の禅林で行われた漢詩文の作風を日本に移植し,語録や詩文の制作に熱中し,新しい境地を開いた。そして,それらを揮毫(きごう)するために,禅宗寺院を中心に宋元風の書が流行した。彼らの墨跡は,宋・元の正統な書法に従うものもあるが,書風の上から見ると,大半は書法をよそに,いわば破格法外の,厳しい修行によって得られた精神の高さが滲み出ているものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

五山様の関連キーワード諸山

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android