五日市線(読み)いつかいちせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五日市線
いつかいちせん

JR青梅線拝島から多摩川支流の秋川に沿って武蔵五日市まで走る鉄道。 JR東日本。全長 11.1km。石灰石の輸送を目的に 1925年五日市鉄道として開通。南武鉄道への合併を経て,44年国有化。沿線の住宅地化に伴い,拝島から青梅線に入り立川まで乗入れる便もふえた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

五日市線

五日市線の敷設は、大正10(1921)年、当時の五日市町長などを務めた岸忠左衛門氏が中心になって「五日市鉄道株式会社」を設立したことで始まった。その4年後に五日市鉄道(通称・五鉄)として開通し、沿線の近代化を後押しした。1941年に南武鉄道に合併し44年に国有化、61年には電化された。

(2015-04-19 朝日新聞 朝刊 多摩・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五日市線の関連情報