親等(読み)しんとう(英語表記)degree

翻訳|degree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

親族間の遠近の度合い。親族間の世代数を数えて定める。なお傍系親族については共通始祖にさかのぼり,その始祖からまた下がってこの間の世代数を合計する。たとえば本人あるいはその配偶者を基準にして,それぞれの直系親族である親,子は1親等,祖父母は2親等であり,また傍系親族である兄弟姉妹は2親等,おじおばは3親等である。親等は民法上,親族の範囲や近親婚の禁止される範囲,また扶養義務の範囲や相続の順位の決定などについて関係があるとともに,民事訴訟法上,証言拒絶権の認められる者の範囲の決定についても関係がある。親等の決定方式には,日本法を含む多くの近代法が採用しているローマ方式のほか,傍系親等を共同始祖からの世代数のみで計算する教会法式があり,さらに以上のような世代数による親等決定制度 (世数親等制) をとらず,地位尊卑などによって決定する階級親等制も古法にはみられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

親族関係の親疎を測る尺度。民法は親族間の世代数を数えてこれを定めることにしている(民法726条)。すなわち,直系血族直系親族)間ではその間の世代の数がそのまま親等であり(祖父と孫は二親等),傍系血族傍系親族)間では,その一方またはその配偶者から共同の始祖にさかのぼり,その始祖から他の一方に下るまでの世代数を数えてこれを定める(伯父(めい)は三親等)。姻族の場合には配偶者を基準として計算する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

親族間のへだたりの度合を表す単位。民法では,1世代を1親等として親等数を計算する(726条)。これを世数親等制という。直系血族間では両者の間の世代数がそのまま親等数になる。たとえば,親は1親等,祖父母は2親等の直系血族である。傍系の血族間では,一方から共通の始祖までさかのぼり他方に下るまでの世代数によって決める。たとえば,兄弟姉妹は2親等,おじ・おばやおい・めいは3親等,いとこは4親等の傍系血族となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

親族関係の親疎を示す等級。親子を一親等として数え始める。兄弟は二親等、おじ・おばは三親等など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親族関係の遠近度を計る単位。親族間の世数を数えて定める。傍系親族については、共同の始祖までの世数を合計して定める(民法726条)。[高橋康之・野澤正充]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 親族関係の遠近を示す単位。親子の関係を一親等とし、祖父母・孫は二親等となる。傍系親族の場合は、同じ先祖までたどるので、兄弟姉妹は二親等、いとこは四親等となる。
※民法(明治二九年)(1896)七二六条「親等は、親族間の世数を算して、之を定む」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親等の関連情報