コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五条有範 ごじょう ありのり

2件 の用語解説(五条有範の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五条有範 ごじょう-ありのり

?-1221 鎌倉時代の武将。
在京御家人として,元久2年(1205)後藤基清らとともに平賀朝雅(ともまさ)を討つ。のち検非違使(けびいし),筑後守(ちくごのかみ)。承久(じょうきゅう)の乱に際して後鳥羽(ごとば)上皇方にくわわり,承久3年7月2日処刑された。通称は五条判官。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

五条有範

没年:承久3.7?(1221)
生年:生年不詳
鎌倉前期の武士。世系不明。平氏であるらしい。文治2(1186)年に一条能保の申請で右兵衛尉から左兵衛尉に遷任。一条家の家人であり,御家人でもあった。京で活動することが多く,元久2(1205)年には後藤基清,佐々木広綱らと平賀朝雅の追捕に当たる。検非違使に任じており,五条判官と呼ばれた。建保1(1213)年に従五位下に叙され,同2年に筑後守。この年の鎌倉新御堂供養では将軍実朝に供奉,翌年初めまで鎌倉にあった。後鳥羽上皇との関係が深く,院の下北面・西面の武士に任じられている。承久の乱(1221)では京方につく。いかに戦ったかは明らかでないが,敗北後,7月2日に梟首された。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五条有範の関連キーワード新京極良経公猷法印あらし源行家無名抄世系ならし訳らし久下直光曾我祐信