五百八十の餠(読み)ごひゃくはちじゅうのもち

精選版 日本国語大辞典「五百八十の餠」の解説

ごひゃくはちじゅう【五百八十】 の 餠(もち)

婚礼後三日目か五日目ごろの初里帰りのとき、両家でつく数多くの親類や近所に配る。また、餠撒きをして拾ってもらう五八〇個の餠。
浮世草子西鶴織留(1694)二「拍子をそろへてをうちその万歳楽と言葉をかさね、五百八十の餠(モチ)を蒔(まけ)ば是を拾ふ人大道もせばかりき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android