コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五百箇 イオチ

デジタル大辞泉の解説

いお‐ち〔いほ‐〕【箇】

いおつ」に同じ。
「珠洲(すず)の海人の沖つ御神にい渡りて潜(かづ)き取るといふ鮑玉(あはびたま)―もがも」〈・四一〇一〉

いお‐つ〔いほ‐〕【箇】

(多く名詞の上に付き、接頭語的に用いて)500、または数の多いことを表す。
「朝狩りに―鳥立て夕狩りに千鳥踏み立て」〈・四〇一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いおつ【五百箇】

五百個。数の多いことをいう語。名詞の上に付いて、多く接頭語のように用いる。 「 -御統みすまるの瓊を以て/日本書紀 神代上訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五百箇の関連キーワードアメノオシホミミノミコト(天忍穂耳尊)真榊・真賢木遣す・致す八坂瓊勾玉日本書紀経津主神八尺瓊すず海人珠洲斎つ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android