コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五大 ごだいpañca mahābhūtāni

3件 の用語解説(五大の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五大
ごだい
pañca mahābhūtāni

インドにおいて物質を構成する主要な要素と考えられた5元素をいう。地大,水大,火大,風大,空大の5つをさす。サーンキヤ学派では,自我意識から生み出される5つの対象領域の微細な要素から5元素が生じると考えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごだい【五大】

〘仏〙 万物を生成する地・水・火・風・空の五つの要素。
「五大明王みようおう」の略。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の五大の言及

【四大】より

…これら四大のそれぞれの名称,性質,作用などについては,古代インドにおいて古くから諸説があり,また,仏教の中にも異説がある。四大にさらに〈空大(くうだい)〉を加えて〈五大〉とすることもある。空大は物質の存在する場所を要素として数えたものである。…

【ヤントラ】より

… 図形としては,次のようなものが用いられる。点(それ以上凝縮しえない究極的相を示す),直線(成長・展開の相を示す),円(〈全体〉を表す),四角形(自然の質料を表す),三角形(サーンキヤ学派の説く純質・激質・暗質という自然の三つの性質などを示し,下向きのものは女性原理を,上向きのものは男性原理を表す),下向きと上向きの二つの三角形が交わってできる六芒星の形(六角の星形で,現象世界を顕現させる力を表す),五芒星(地・水・火・風・空の〈五大〉などを表す)などである。そのほかに〈門〉を表す形(聖域に入る入口を示す),蓮の花弁の形(神格の属性としての願望を成就させる力などを表す)なども用いられる。…

※「五大」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五大の関連情報