コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五大 ごだいpañca mahābhūtāni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五大
ごだい
pañca mahābhūtāni

インドにおいて物質を構成する主要な要素と考えられた5元素をいう。地大,水大,火大,風大,空大の5つをさす。サーンキヤ学派では,自我意識から生み出される5つの対象領域の微細な要素から5元素が生じると考えられた。バイシェーシカ学派では,6つの原理を立てるうちの第1の原理である実体のなかに収められ,われわれが直接知覚できないものと考えられた。仏教においては,これらの5元素は究極的には否定されるが,諸要素の実在を認める学派 (→説一切有部 ) によって肯定されている。密教ではこれらの5元素を哲学的形而上学的にとらえ,識と合せて,この6つが宇宙を構成する要素であるとする。五輪の塔はこの思想に基づく。 (→四大 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ごだい【五大】

〘仏〙 万物を生成する地・水・火・風・空の五つの要素。
「五大明王みようおう」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の五大の言及

【四大】より

…これら四大のそれぞれの名称,性質,作用などについては,古代インドにおいて古くから諸説があり,また,仏教の中にも異説がある。四大にさらに〈空大(くうだい)〉を加えて〈五大〉とすることもある。空大は物質の存在する場所を要素として数えたものである。…

【ヤントラ】より

… 図形としては,次のようなものが用いられる。点(それ以上凝縮しえない究極的相を示す),直線(成長・展開の相を示す),円(〈全体〉を表す),四角形(自然の質料を表す),三角形(サーンキヤ学派の説く純質・激質・暗質という自然の三つの性質などを示し,下向きのものは女性原理を,上向きのものは男性原理を表す),下向きと上向きの二つの三角形が交わってできる六芒星の形(六角の星形で,現象世界を顕現させる力を表す),五芒星(地・水・火・風・空の〈五大〉などを表す)などである。そのほかに〈門〉を表す形(聖域に入る入口を示す),蓮の花弁の形(神格の属性としての願望を成就させる力などを表す)なども用いられる。…

※「五大」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五大の関連キーワード埼玉県入間郡越生町黒岩アメリカンウイスキーヒューロン[湖]オンタリオ湖スペリオル湖バッファロー日本ダービーオンタリオ州ヒューロン湖地水火風空デトロイト大威徳明王軍荼利明王五大虚空蔵五大尊明王オンタリオ降三世明王トロント鉄梃親父東京優駿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五大の関連情報