コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五体 ゴタイ

デジタル大辞泉の解説

ご‐たい【五体】

身体の五つの部分。頭・首・胸・手・足。また、頭・両手・両足。漢方では、筋・血脈・肌肉(きにく)・骨・皮。転じて、からだ全体。「五体を震わせて泣く」
書道で、五つの書体。篆(てん)隷(れい)。また、古文大篆小篆八分(はっぷん)隷書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごたい【五体】

身体の五つの部分。仏教では頭・両手・両足、漢方では筋・脈・肉・骨・毛皮。また一説に頭・頸くび・胸・手・足。また、その五つの部分から成る体。全身。 「 -満足」 「 -に力がみなぎる」
五つの書体。すなわち篆てん・隷れい・真・行・草。または古文・大篆・小篆・八分はつぷん・隷。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五体
ごたい

五つの部分。一般には人体を構成する五つの主要部分をいい、頭と両手、両足をさすが、頭、頸(くび)、胸、手、足をいう場合もある。転じて身体の総称を意味する用法もある。漢方では、筋、脈、肉、骨、毛皮(皮膚)の総称とする。
 詩文などでは、形式、内容から文体を5種に分類したものをいい、書体では、篆(てん)、隷(れい)、楷(かい)(真)、行(ぎょう)、草(そう)を、または古文(こぶん)、大篆、小篆、八分(はっぷん)、隷の5種をいう。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

五体の関連キーワード和歌山県田辺市中辺路町栗栖川体・躯・軀・身体小野喬木の娘ホムンクルス前田 黙鳳窶す・俏す田村 実造印南(町)御手洗団子二人比丘尼松田 南溟佐々木文山乙武洋匡接足作礼五輪五体十界修行手妻人形三途の川神崎寛済銀張る

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五体の関連情報