五体(読み)ごたい

日本大百科全書(ニッポニカ)「五体」の解説

五体
ごたい

身体の五つの部分。一般には人体を構成する五つの主要部分をいい、頭と両手両足をさすが、頭、頸(くび)、胸、手、足をいう場合もある。転じて身体の総を意味する用法もある。漢方では、筋、、肉、骨、毛皮(皮膚)の総称とする。

 詩文などでは、形式、内容から文体を5種に分類したものをいい、書体では、篆(てん)、隷(れい)、楷(かい)(真)、行(ぎょう)、草(そう)を、または古文(こぶん)、大篆小篆、八分(はっぷん)、隷の5種をいう。

[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「五体」の解説

ご‐たい【五体】

〘名〙
① 身体の五つの部分。筋、脈、肉、骨、毛皮の称。一説に、頭、頸、胸、手、足、または頭と両手、両足。転じて、からだ全体。全身。
※宇津保(970‐999頃)「いもひをして、五たいをなげて、『この事なしへ』とおこなひ給ふ」
② 書体で、篆(てん)、隷(れい)、真(しん)、行(ぎょう)、草(そう)の称。また、古文(こぶん)、大篆(だいてん)、小篆、八分(はっぷん)隷書(れいしょ)の称をもいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「五体」の解説

ご‐たい【五体】

身体の五つの部分。頭・首・胸・手・足。また、頭・両手・両足。漢方では、筋・血脈・肌肉きにく・骨・皮。転じて、からだ全体。「五体を震わせて泣く」
書道で、五つの書体。てんれい。また、古文大篆小篆八分はっぷん隷書
[類語](1たい身体しんたい肉体体躯たいく図体ずうたい肢体したい全身満身総身そうしん・そうみ人身じんしん人体生体ボディー肉塊ししむら骨身/(2楷書行書草書隷書篆書行草三体勘亭流

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android