五体(読み)ごたい

日本大百科全書(ニッポニカ)「五体」の解説

五体
ごたい

身体の五つの部分。一般には人体を構成する五つの主要部分をいい、頭と両手両足をさすが、頭、頸(くび)、胸、手、足をいう場合もある。転じて身体の総を意味する用法もある。漢方では、筋、、肉、骨、毛皮(皮膚)の総称とする。

 詩文などでは、形式、内容から文体を5種に分類したものをいい、書体では、篆(てん)、隷(れい)、楷(かい)(真)、行(ぎょう)、草(そう)を、または古文(こぶん)、大篆小篆、八分(はっぷん)、隷の5種をいう。

[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「五体」の解説

ご‐たい【五体】

身体の五つの部分。頭・首・胸・手・足。また、頭・両手・両足。漢方では、筋・血脈・肌肉(きにく)・骨・皮。転じて、からだ全体。「五体を震わせて泣く」
書道で、五つの書体。篆(てん)隷(れい)。また、古文大篆小篆八分(はっぷん)隷書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「五体」の解説

ご‐たい【五体】

〘名〙
① 身体の五つの部分。筋、脈、肉、骨、毛皮の称。一説に、頭、頸、胸、手、足、または頭と両手、両足。転じて、からだ全体。全身。
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「いもひをして、五たいをなげて、『この事なし給へ』とおこなひ給ふ」
② 書体で、篆(てん)、隷(れい)、真(しん)、行(ぎょう)、草(そう)の称。また、古文(こぶん)、大篆(だいてん)、小篆、八分(はっぷん)、隷書(れいしょ)の称をもいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android