コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上信重 いのうえ のぶしげ

1件 の用語解説(井上信重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上信重 いのうえ-のぶしげ

?-? 江戸時代中期の瓦工。
宝暦(1751-64)ごろの人。家は代々信濃(しなの)(長野県)松本の瓦工。近江(おうみ)大津の園城(おんじょう)寺,石山寺などの瓦はほとんど井上家で製作したという。その業は21代七左衛門(?-1886)までつづいた。通称は七左衛門。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上信重の関連キーワード宝暦一条兼香大島蓼太田中藤六上杉治憲瀬川菊之丞天降言児童雑誌田沼時代藩学一覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone