コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上信重 いのうえ のぶしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上信重 いのうえ-のぶしげ

?-? 江戸時代中期の瓦工。
宝暦(1751-64)ごろの人。家は代々信濃(しなの)(長野県)松本の瓦工。近江(おうみ)大津の園城(おんじょう)寺,石山寺などの瓦はほとんど井上家で製作したという。その業は21代七左衛門(?-1886)までつづいた。通称は七左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上信重の関連キーワード宝暦

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android