瀬川菊之丞(読み)セガワキクノジョウ

  • せがわきくのじょう〔せがは〕

デジタル大辞泉の解説

歌舞伎俳優。屋号浜村屋俳名路考
(初世)[1693~1749]初め京坂、のち江戸でも活躍した女方の名人。初世芳沢あやめとともに女方芸の基礎を築いた。浜村屋路考。
(2世)[1741~1773]初世の養子。宝暦・明和(1751~1772)ごろ、江戸で若女方として人気を博した。王子路考。
(3世)[1751~1810]2世の養子。天明・寛政(1781~1801)ごろ、江戸で活躍した名女方。仙女路考。
(5世)[1802~1832]3世の孫。文化・文政(1804~1830)ごろ、江戸で女方として活躍。多門路考。
(6世)[1907~1976]瀬川久次郎の養子となり瀬川家を再興。前進座に属し、女方・二枚目から実悪・老け役まで広い芸域をこなした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

歌舞伎俳優。6世まで。屋号浜村屋。俳名は5世まで路考。前進座に属した6世〔1907-1976〕を除き,代々江戸の女方として知られ,ことに3世までが有名。初世〔1693-1749〕は大阪の生れで江戸へ下り,《無間(むけん)の》《枕獅子》《相生(あいおい)獅子》など舞踊を得意として,女方の最高位についた。芸談集に《女形秘伝》がある。2世〔1741-1773〕は通称王子路考。美貌(びぼう)で声もよく,はなやかな芸風で人気を集めた。3世〔1751-1810〕は2世の養子で,寛政期の江戸で活躍。美貌と,真の女性のようにしとやかな演技で知られた。のち仙女と名のったので,俗に仙女路考と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

歌舞伎俳優。屋号は浜村屋。俳名は路考。(1)初世(1693?‐1749∥元禄6?‐寛延2) 幼名浜村屋吉次,前名瀬川吉次。1712年(正徳2)瀬川菊を名のり初舞台。28年(享保13)2月京の市山座《けいせい満蔵鑑(まくらかがみ)》の《無間(むけん)の鐘》で大当りをとり,30年初めて江戸へ下った。44年(延享1)に極上上吉に位付され三都随一の女方と立てられた。当り役は《石橋(しやつきよう)》《道成寺》《女鳴神》など。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

歌舞伎俳優。屋号、浜村屋。俳名、路考。
(初世)1693~1749 京坂の出身。江戸に出て舞踊劇で成功をおさめ当時三都随一の女方といわれた。芸談に「女形秘伝」がある。
(二世)1741~1773 初世の養子。宝暦・安永年間(1751~1781)若女方として活躍した。王子路考。
(三世)1751~1810 二世の養子。天明・寛政期(1781~1801)の名女方。所作事にも優れた。仙女路考。
(五世)1802~1832 三世の孫。文化・文政期(1804~1830)に活躍した女方。多門路考。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌舞伎(かぶき)俳優。屋号浜村屋。俳名は代々路考(ろこう)[服部幸雄]

初世

(1693―1749)通称浜村屋路考。上方(かみがた)の色子(いろこ)出身で初め瀬川吉次(きちじ)といったが、1709年(宝永6)瀬川菊之丞と名のって初舞台。享保(きょうほう)(1716~36)後期を代表する女方(おんながた)で、1730年(享保15)江戸に下る。とくに所作事(しょさごと)に優れ、『無間(むけん)の鐘』や『石橋(しゃっきょう)』の所作事を大成した。『古今役者論語魁(さきがけ)』に入っている彼の芸談にみられるように、日常生活を徹底した女性として暮らすことを実践し、初世芳沢(よしざわ)あやめの考えを進めた、女方技術初期の大成者といえる。[服部幸雄]

2世

(1741―73)通称王子(おうじ)路考。初世の養子。1756年(宝暦6)2世を襲名。江戸生まれの名女方として人気は抜群で、路考茶、路考結(むすび)、路考髷(まげ)、路考櫛(くし)などの流行を引き起こした。初世に劣らぬ美貌(びぼう)で、地芸と所作、時代と世話のいずれにも優れていた。[服部幸雄]

3世

(1751―1810)後名路考、仙女(せんにょ)。通称仙女路考。振付師市山七十郎(しちじゅうろう)の次男で初世瀬川如皐(じょこう)の実弟。1773年(安永2)大坂から江戸に下り、翌年3世を襲名。82年(天明2)には江戸の俳優の最高位にランクされ、のち女方としては異例の座頭(ざがしら)にもなった。「浜村屋大明神」とも尊称された人。美貌で口跡(こうせき)優れ、地芸・所作事ともによかった。[服部幸雄]

4世

(1782―1812)通称猿屋路考。3世の婿養子。1807年(文化4)4世瀬川路考と名のる。没後、4世菊之丞を追贈された。娘方・女房役を得意にした。[服部幸雄]

5世

(1802―32)通称多門路考。3世の女婿瀬川路三郎の次男。文化・文政(ぶんかぶんせい)期(1804~30)の女方として人気があった。とくに色女方を得意にした。[服部幸雄]

6世

(1907―76)前名瀬川仙魚、2世菊次郎。1832年(天保3)以後絶えていた瀬川家を再興し、1933年(昭和8)6世菊之丞を名のった。その前年前進座に参加、女方・二枚目から老け役まで幅広い器用な芸で活躍した。[服部幸雄]

7世

(1957― )本名外村実。前進座付属養成所出身で前名山村邦次郎。2001年(平成13)7世菊之丞を名のる。立役(たちやく)と女方を兼ねる。[服部幸雄]
『郡司正勝校注『古今役者論語魁』(『日本思想大系61 近世芸道論』所収・1972・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

歌舞伎役者。俳名は代々路考。屋号、浜村屋。
[一] 初世。通称浜村屋路考。大坂の色子から、若女形となり、「無間の鐘」を演じて名声を得る。江戸に下り「十八公今様曾我」で用いた被り物が瀬川帽子として流行。傾城役など地芸のほか、「道成寺」「石橋」などの所作事にすぐれ、東西を往来し、三都随一の女形とされた。著「女方秘伝」。元祿六~寛延二年(一六九三‐一七四九
[二] 二世。通称王子路考。武州王子の生まれ。五歳のとき初世の養子となり、瀬川吉次として初舞台。宝暦六年(一七五六)二世菊之丞を襲名し、「百千鳥娘道成寺」を好演。娘役を得意とし、路考髷・路考櫛などを流行させ、江戸生まれの女形として人気を集めた。初世に劣らない美貌で愛嬌にとみ、所作事・地芸にすぐれていた。寛保元~安永二年(一七四一‐七三
[三] 三世。通称仙女(せんにょ)路考。大坂の振付師市山七十郎の子。二世の没後、江戸に呼ばれ三世を襲名。四世岩井半四郎とともに江戸を代表する女形となる。宝暦元~文化七年(一七五一‐一八一〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の瀬川菊之丞の言及

【女方(女形)】より

…1629年(寛永6)に徳川幕府が歌舞伎に女優が出演することを禁じたため,能以来の伝統によって男性が女の役をつとめ,現在に至る。女方の演劇的基礎は初期の芳沢あやめ,瀬川菊之丞によって作られた。2人とも日常生活を女性のように暮らし,これが幕末まで女方の習慣となった。…

【根南志具佐】より

…同年に俳優荻野八重桐が隅田川で舟遊び中に溺死したという事件があり,これを基に書いたものである。地獄の閻魔(えんま)大王が俳優瀬川菊之丞にほれ,これを地獄に連れてくるよう竜王に命じる。竜王はその役目を河童に言いつけ,河童は若侍に変じて隅田川に舟遊び中の菊之丞に近づく。…

※「瀬川菊之丞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android