コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上勝(1) いのうえ まさる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上勝(1) いのうえ-まさる

1843-1910 明治時代の鉄道技術者,官僚。
天保(てんぽう)14年8月1日生まれ。もと長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。文久3年伊藤博文(ひろぶみ)らとイギリスに密航,ロンドン大で鉱山・鉄道の技術をまなび,明治元年帰国。工部省鉄道頭(のち鉄道局長)となり,5年新橋-横浜間を開通させ,22年東京-神戸間を全通させた。23年鉄道庁長官。29年汽車製造会社を設立して初代社長。鉄道院顧問として欧米視察中,明治43年8月2日ロンドンで死去。68歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上勝(1)の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android