コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッホ コッホ Koch, Heinrich Gottfried

10件 の用語解説(コッホの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コッホ
コッホ
Koch, Heinrich Gottfried

[生]1703. ゲイラー
[没]1775.1.3. ベルリン
ドイツの俳優。 1728年 C.ノイバーの一座に加わって活躍。モリエールの喜劇『守銭奴』のアルパゴンなどを得意とした。一座が解散後,ゲッティンゲンの J.シェーネマンの劇団に参加 (1748) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コッホ
コッホ
Koch, Martin

[生]1882.12.23. ストックホルム
[没]1940.6.22. ヘデモラ
スウェーデンの小説家。プロレタリア文学の先駆者の一人。ストックホルムで幼年時代をおくり,のちヘデモラに移住,終生同地に居住。労働者階級の出身ではないが,幼時に父が家出し,辛苦のなかで育った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コッホ
コッホ
Koch, Robert

[生]1843.12.11. ハノーバー近郊クラウシュタール
[没]1910.5.27. バーデンバーデン
ドイツの医師。近代細菌学の開祖。特定の菌がある疾患の病原体であると決定するためのコッホの4原則を確立。これにより細菌学が急速に発展した。 1876年に炭疽の原因が特別な細菌であることを実験的に証明し,81年ゼラチンに肉汁を入れた培地で,細菌を純培養する方法を考案した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コッホ
コッホ

コクツェーユス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コッホ(Robert Koch)

[1843~1910]ドイツの細菌学者。細菌の固形培養法・純粋培養法を完成し、結核菌コレラ菌などを発見、ツベルクリンを創製するなど細菌学・伝染病・免疫学の研究に貢献。1905年ノーベル生理学医学賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コッホ

ドイツの細菌学者。ゲッティンゲン大学卒。地方の衛生技師等を経て,ベルリン大学教授。1891年初代の伝染病研究所長となる。細菌の純粋培養に成功し,結核菌(1882年),コレラ菌(1883年)など多くの病原菌を発見。
→関連項目細菌学フィービガーベーリング

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

コッホ Koch, Robert

1843-1910 ドイツの細菌学者。
1843年12月11日生まれ。結核菌,コレラ菌などを発見し,1905年ノーベル生理学・医学賞。明治41年(1908)来日して弟子の北里柴三郎(しばさぶろう)らの歓迎をうけ,各地で講演をおこなった。1910年5月27日死去。66歳。クラウスタール出身。ゲッティンゲン大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

コッホ【Joseph Anton Koch】

1768‐1839
チロルの農民出身の画家。オーバーギブレン(現,エルビゲンアルプ)生れ。画才を見込まれ,1785年シュトゥットガルトのカールスシューレに送られたが,フランス革命自由思想に触れ逃亡,アカデミーを〈無数の美術家が蛆(うじ)のように這い出す腐ったチーズ〉と呼び,独学で風景写生画を描きながら,アルプス地方からイタリアへ旅行。95年より大半をローマに暮らす。N.プッサンの影響下に,多少生硬だが雄大で構築的な英雄的風景画にまとめ上げた。

コッホ【Robert Koch】

1843‐1910
ドイツの細菌学者。結核菌の発見者で,細菌学の創始者の一人であるとともに,19世紀後半の細菌学黄金時代の中心的存在でもあった。鉱山技師の子として,クラウスタールに生まれた。1862年ゲッティンゲン大学に入学,医学を学ぶ。ここで,解剖学的業績とともに,病原微生物学史上,先駆的な見解を示したJ.ヘンレに多大な影響を受けた。卒業後しばらくは各地の病院に勤務したり,開業するなど,不安定な生活を送り,70年の普仏戦争には軍医として従軍するなどしたが,72年ボールシュタイン(現,ポーランドのボルシチン)で地方医師となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コッホ【Robert Koch】

1843~1910) ドイツの細菌学者。コレラ菌や炭疽菌の純粋培養、結核菌の発見、ツベルクリンの創製など、近代細菌学に画期的業績を残した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコッホの言及

【医学】より

…しかし,19世紀前半は,まだミアスマ説に従った衛生改革が成果をあげつつあり,コンタギウム説はあまり支持者がなかった。
[研究室医学の発達]
 ドイツにおいて,細菌学時代を開いたR.コッホが,地方で診療の余暇に,家畜の病気,脾脱疽病の原因としての細菌を発見し,ヘンレの教えに従って,それを証明した論文(1876)を指導的地位にあった数人の医学者に送ったが,ほとんど反応がなかった。1880年になって,突然ベルリンに新設された帝国衛生院の研究主任として就任することを求められる。…

【結核】より

…結核にかかっている人,とくに肺に空洞をもつ人が咳をしたとき,まわりに結核菌を飛び散らし,近くにいる人が吸い込んで感染する。結核菌Mycobacterium tuberculosisは1882年R.コッホによって発見されたグラム陽性菌で,長さ2~4μm,幅0.2~0.4μmの細長い杆菌である(ライ菌と同じ仲間で,よく似ている)。菌型にヒト型,ウシ型,トリ型の3型があり,ヒトには前2者が感染する。…

【細菌学】より

…これらの研究によって微生物病原論はその基礎を築いた。炭疽の病原菌である炭疽菌は,76年にR.コッホが純粋培養に成功し,それを動物に接種すると発病したことによって,炭疽と炭疽菌との因果関係が明確に示された。医学的な細菌学は,これ以降発展してくる。…

【殺菌剤】より

…しかし,殺菌することによって発酵の停止や病気の予防に役立てようとするのは,それより約200年後になってからであった。殺菌剤の検査をはじめて微生物を使って行ったのはR.コッホで,1881年に絹糸に炭疽菌の芽胞を付着させたものを用いた。これは固定菌法と呼ばれるが,その後,ガーネットや金属など多くの物体に菌を付着させて,殺菌効果を判定する方法が考案された。…

【ツベルクリン反応】より

…ツベルクリンをアレルゲンとした抗原抗体反応をいい,結核菌の感染を受けているかどうかを調べる検査法として利用される。ツベルクリンは1890年,結核菌の発見者であるR.コッホによって,結核菌の培養ろ(濾)液を濃縮してつくられた。当初コッホが期待したように結核治療薬としては普及しなかったが,ピルケーClemens F.von Pirquet(1874‐1929),マントゥーCharles Mantoux(1877‐1947)らにより,ツベルクリン反応は結核感染の診断法として確立され,広く用いられるようになった。…

※「コッホ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コッホの関連キーワード桿菌細菌学腸内細菌ワッセルマン浅川範彦抗酸菌ツベルクリン反応レフラー水中細菌竹内松次郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コッホの関連情報