コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上正利 いのうえ まさとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上正利 いのうえ-まさとし

1606-1675 江戸時代前期の大名。
慶長11年生まれ。井上正就(まさなり)の長男。寛永5年遠江(とおとうみ)(静岡県)横須賀藩主井上家2代。弟正義に5000石を分与。正保(しょうほ)2年奏者番に就任,2500石の加増をうけ,常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩主井上家第1次初代となる。5万石。明暦4年寺社奉行。延宝3年11月8日死去。70歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上正利の関連キーワード談林十百韻光の科学史捕鯨徳川忠長クックフォークス企業年金高遊外売茶翁米ロ核軍縮交渉日系人帰国支援事業