コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上正利 いのうえ まさとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上正利 いのうえ-まさとし

1606-1675 江戸時代前期の大名。
慶長11年生まれ。井上正就(まさなり)の長男。寛永5年遠江(とおとうみ)(静岡県)横須賀藩主井上家2代。弟正義に5000石を分与。正保(しょうほ)2年奏者番に就任,2500石の加増をうけ,常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩主井上家第1次初代となる。5万石。明暦4年寺社奉行。延宝3年11月8日死去。70歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上正利の関連キーワード山崎闇斎井上正任笠間藩

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android