井上正辰(読み)いのうえ まさとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上正辰 いのうえ-まさとき

1736-1760 江戸時代中期の大名。
元文元年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)八幡(はちまん)藩主金森頼錦(よりかね)の次男。井上正敦(まさあつ)の養子となり,宝暦3年常陸(ひたち)(茨城県)下妻(しもつま)藩主井上家3代。9年農民一揆(いっき)がおき幕府から失政をとがめられた。宝暦10年5月27日死去。25歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android