井上萬二(読み)いのうえ まんじ

美術人名辞典の解説

井上萬二

陶芸家。昭和4年(1929)佐賀県生。12代酒井田柿右衛門・初代奥川忠右衛門に師事。佐賀県陶芸協会理事・西部工芸会幹事。佐賀県芸術文化功労賞受賞。人間国宝。佐賀県住。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上萬二 いのうえ-まんじ

1929- 昭和後期-平成時代の陶芸家。
昭和4年3月24日生まれ。12代酒井田柿右衛門,初代奥川忠右衛門に師事し,昭和46年独立。白磁の伝統技法を駆使し,独自の作風を確立した。44年,58年アメリカで作陶を指導。平成7年白磁で人間国宝。9年有田陶芸協会会長。日本工芸会参与。佐賀県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井上萬二の関連情報