コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井田柿右衛門 さかいだかきえもん

6件 の用語解説(酒井田柿右衛門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酒井田柿右衛門
さかいだかきえもん

「柿右衛門柿右衛門 (1世)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さかいだ‐かきえもん〔さかゐだかきヱモン〕【酒井田柿右衛門】

[1596~1666]江戸初期の陶工。肥前国有田の人。中国の上絵付けの技法を学び、日本で初めて赤絵の焼成に成功、国内外に大きな影響を与えた。子孫代々柿右衛門を名乗り、その作品をも柿右衛門という。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

酒井田柿右衛門【さかいだかきえもん】

佐賀県有田の陶工。初世〔1596-1666〕は白磁染付の改良に努めた後,長崎で赤絵の技法を学び,1640年ころに日本最初の赤絵焼成に成功した。作品は乳白色の素地に細い線で雲竜,鳳凰,松竹梅などの文様を描き気品高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さかいだかきえもん【酒井田柿右衛門】

肥前有田の陶工で,江戸前期から今日まで,14代にわたって独特の色絵磁器を焼く。初代柿右衛門(生没年不詳)は,正保(1644‐48)ころ,明の五彩磁の技法を日本ではじめて完成したといわれている。酒井田家は有田皿山の中心部から離れた南川原(なんがわら)山に窯を築き,伊万里焼とは性質を異にする上質の色絵磁器を焼成した。濁手(にごしで),乳白手などといわれる純白の白磁に,赤,青,青緑,黄,紫などの色絵具を用いて花鳥人物文などを描いた色絵磁器(赤絵)は,柿右衛門様式として知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さかいだかきえもん【酒井田柿右衛門】

1596~1666) 江戸前期の陶工。肥前有田の生まれ。中国の磁器を学んで「赤絵」の絵付けに成功。国内および海外の焼き物に大きな影響を与えた。以後代々酒井田家の窯元は柿右衛門を名乗り現在に至る。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酒井田柿右衛門
さかいだかきえもん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の酒井田柿右衛門の言及

【赤絵】より

…清朝の成立とともに康熙・雍正・乾隆期には粉彩と呼ぶ精緻な五彩磁が作られ,よりいっそう絵画的な表現を展開していった。 日本では江戸時代の初期,1646‐47年(正保3‐4)ころ酒井田柿右衛門が中国の技法によって赤絵を完成したと伝える。その後,伊万里磁器は寛文~元禄期(1661‐1704)に全盛期を迎え,柿右衛門様式,古伊万里様式,鍋島様式,古九谷様式などが確立され,また遠く西欧に輸出されて,18世紀前期にはドイツのマイセン窯で色絵磁器を生んだ。…

※「酒井田柿右衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酒井田柿右衛門の関連情報