コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上通夫 いのうえ みちお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上通夫 いのうえ-みちお

1879-1959 明治-昭和時代の解剖学者。
明治12年2月28日生まれ。ヨーロッパに留学し,大正10年東京帝大教授となる。のち日本歯大教授。口蓋(こうがい)の発生機構や顔面の形成などの研究で知られた。昭和34年6月4日死去。80歳。徳島県出身。東京帝大卒,東京外国語学校卒。旧姓は笠井。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上通夫の関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ボアボードランおもなお雇い外国人ルナ市川崑エルスケン

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone