コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠井 かさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠井
かさい

静岡県西部,浜松市南東部の旧町域。 1954年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い東区の一部となった。江戸末期,綿花,アイ (藍) の商品作物が栽培され,農家の副業として笠井縞織が盛んとなり,その集散地市場町として栄えた。天竜川伏流水を利用した高級先染め綿織物などの染色工場が多い。付近はヘチマショウガの特産地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠井
かさい

静岡県浜松市東区の一地区。旧笠井町。天竜川下流右岸に位置する。戦国時代、1と5の日に市(いち)が立ち、江戸時代には東海道屈指の市といわれ、織物、穀類、食塩、家具、雑貨などあらゆる生活必需品が取引された。江戸後期には織物業の発達で木綿織物取引の中心。5と10の日の定期市となり、五十の市とよばれた。市神の笠井観音は縁日でにぎわう。[川崎文昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

笠井の関連キーワードグラウ(Jacinto Grau)レディミクストコンクリートプリン(複素環式化合物)小野田セメント[株]エンテロペプチダーゼグアノシン三リン酸重量コンクリート山木検校(2代)笠家左簾(3代)ウリジン二リン酸山木検校(2世)有線電気通信法オイリュトミーγ‐グロブリンアイソザイムコンクリート囁きのジョー核タンパク質補欠分子団グアノシン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笠井の関連情報