笠井(読み)かさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠井
かさい

静岡県西部,浜松市南東部の旧町域。 1954年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い東区の一部となった。江戸末期,綿花,アイ (藍) の商品作物が栽培され,農家の副業として笠井縞織が盛んとなり,その集散地市場町として栄えた。天竜川伏流水を利用した高級先染め綿織物などの染色工場が多い。付近はヘチマショウガの特産地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠井
かさい

静岡県浜松市東区の一地区。旧笠井町。天竜川下流右岸に位置する。戦国時代、1と5の日に市(いち)が立ち、江戸時代には東海道屈指の市といわれ、織物、穀類、食塩、家具、雑貨などあらゆる生活必需品が取引された。江戸後期には織物業の発達で木綿織物取引の中心。5と10の日の定期市となり、五十の市とよばれた。市神の笠井観音は縁日でにぎわう。[川崎文昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笠井の関連情報