コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠井 かさい

2件 の用語解説(笠井の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠井
かさい

静岡県西部,浜松市南東部の旧町域。 1954年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い東区の一部となった。江戸末期,綿花,アイ (藍) の商品作物が栽培され,農家の副業として笠井縞織が盛んとなり,その集散地,市場町として栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠井
かさい

静岡県浜松市東区の一地区。旧笠井町。天竜川下流右岸に位置する。戦国時代、1と5の日に市(いち)が立ち、江戸時代には東海道屈指の市といわれ、織物、穀類、食塩、家具、雑貨などあらゆる生活必需品が取引された。江戸後期には織物業の発達で木綿織物取引の中心。5と10の日の定期市となり、五十の市とよばれた。市神の笠井観音は縁日でにぎわう。[川崎文昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笠井の関連キーワード静岡県浜松市南区飯田町静岡県浜松市南区瓜内町静岡県浜松市南区堤町静岡県浜松市南区中田島町静岡県浜松市南区長田町静岡県浜松市南区西島町静岡県浜松市南区西町静岡県浜松市南区法枝町静岡県浜松市南区東町静岡県浜松市南区本郷町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笠井の関連情報