コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井原主計 いばら かずえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井原主計 いばら-かずえ

1816-1867* 幕末の武士。
文化13年4月15日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩家老。嘉永(かえい)6年ペリー来航のとき武蔵(むさし)大森を警備。元治(げんじ)元年横浜で四国艦隊下関砲撃事件の講和を結ぶ。慶応元年幕長戦争の事後処理に藩を代表したが,交渉をまえに広島から無断帰国し,隠居を命じられた。慶応2年12月19日死去。51歳。本姓は吉田。名は師古,師中,親章(ちかあき)。通称ははじめ熊之進。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井原主計の関連キーワード臼井富之祐

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android