コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井原主計 いばら かずえ

1件 の用語解説(井原主計の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井原主計 いばら-かずえ

1816-1867* 幕末の武士。
文化13年4月15日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩家老。嘉永(かえい)6年ペリー来航のとき武蔵(むさし)大森を警備。元治(げんじ)元年横浜で四国艦隊下関砲撃事件の講和を結ぶ。慶応元年幕長戦争の事後処理に藩を代表したが,交渉をまえに広島から無断帰国し,隠居を命じられた。慶応2年12月19日死去。51歳。本姓は吉田。名は師古,師中,親章(ちかあき)。通称ははじめ熊之進。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

井原主計の関連キーワード林其山荒尾清心斎泉仙介岡野政繹小倉源五右衛門鎌田出雲河合惣兵衛神保利孝松平大膳山崎弥平

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone