コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井口常範 いぐち つねのり

2件 の用語解説(井口常範の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井口常範 いぐち-つねのり

?-? 江戸時代前期の医師,暦算家。
京都七条で医を開業。前田甚右衛門にまなび,元禄(げんろく)2年(1689)通俗的な天文解説書「天文図解」5巻を編集し刊行。のち江戸にうつり,水戸藩につかえた。名ははじめ新七。通称は鮫屋(さめや)三五郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井口常範
いぐちじょうはん

生没年不詳。江戸時代天文学者。名は「つねのり」ともいう。京都の人。三条通に住み、鮫屋(さめや)三五郎、のちに井口新七と名を改め、その後七条に移って医師となり、常範と名のった。後年江戸に下り、水戸藩に仕えた。幼時より算術を好み、暦道の諸書を集め、1689年(元禄2)『天文図解』5巻を著した。本書は日本で刊行された最初の天文書と考えられ、当時広く読まれたらしい。ほかに『天象北星之図』『天象南星之図』各1枚を1698年に刊行した。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井口常範の関連キーワード孔生部富世阿部春庵岡寿元岡本玄琳奥田有益笠原重次金子昌沢関荘三郎津軽建広吉田林庵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone