コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暦道 レキドウ

4件 の用語解説(暦道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れき‐どう〔‐ダウ〕【暦道】

暦術暦数に関する学問。また、その専門家。
陰陽寮(おんようりょう)の学科の一。暦法漏刻の学を教授した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

れきどう【暦道】

日本古代・中世の暦学。天皇の命令によって暦を作ること,またその技術。日本には暦を作る技術はなく,5世紀ごろより朝鮮半島を通じ,後には直接中国の暦法を輸入したが,861年(貞観3)宣明暦を採用してより,1685年(貞享2)日本独自の貞享暦採用まで800年以上も改暦されなかった。律令官制では,中務省所属の陰陽寮(おんみようりよう)に暦博士1人を置いて暦生10人への教授と造暦を行わせたが,10世紀末の暦博士・天文博士賀茂保憲が天文道を弟子の安倍晴明に,暦道を子の光栄に伝えてより,16世紀中ごろに賀茂氏が断絶するまで暦道は同氏の家職となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

れきどう【暦道】

暦術・暦数に関する学問。また、その学に携わっている人。
陰陽寮おんようりようの学科の一。暦法を暦生れきしよう(=陰陽寮の学生)に教授し、別に漏刻の学を付属させた。後世、賀茂氏が世襲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

暦道
れきどう

暦術・造暦に関する学問、またそれに携わる人物をいう。602年(推古天皇10)百済(くだら)僧観勒(かんろく)が伝えた暦本を陽胡史(やごのふひと)の祖玉陳(たまふる)が習得したのに始まる。令(りょう)制では陰陽(おんみょう)、天文、漏刻(ろうこく)などとともに陰陽寮の管轄で、日月の度数を計り、暦をつくり、時を授けることを任務とした。わが国では独自の暦法を創出せず、中国の暦法によって算術的に毎年の暦を編纂(へんさん)した。暦道は陰陽道や天文道よりも軽視され、しだいに衰えたため、宣明(せんみょう)暦採用後800年以上も改暦が行われなかった。10世紀後半に賀茂保憲(かものやすのり)が暦道をその子光栄(みつよし)(939―1015)に、天文を弟子安倍晴明(あべのせいめい)に伝えて以来、それぞれの家職となった。賀茂(幸徳井(こうとくい))家は地下(じげ)の家格で陰陽助(すけ)となり、陰陽頭(かみ)となる安倍(土御門(つちみかど))家の被官となった。11世紀初頭以降、仏教系の宿曜(すくよう)道や算道などから暦算の誤りを指摘され、日食の予報も三者によって行われた。戦国時代に賀茂家は絶え、江戸時代に復活し暦注をつかさどった。近世では暦学と称されることが多い。[岡田芳朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暦道の関連キーワード委任命令近江令職権命令勅版依命通達欽定勅命国使気入彦命吉田晶

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone