井手 雅人(読み)イデ マサト

20世紀日本人名事典の解説

井手 雅人
イデ マサト

昭和・平成期のシナリオライター 元・日本シナリオ作家協会常務理事。



生年
大正9(1920)年1月1日

没年
平成1(1989)年7月17日

出生地
佐賀県佐賀市赤松町

学歴〔年〕
豊島師範本科第一部〔昭和16年〕卒

主な受賞名〔年〕
年間代表シナリオ〔昭和33年 36年 39年 40年 43年 53年 55年 58年〕

経歴
軍隊生活を経て、戦後小学校教員となり、昭和23年新東宝労務課に入社。この頃より作家の故・長谷川伸に師事して小説を書き始め、26年にシナリオ第1作「暁の急襲」を発表。同年企画部に配属。29年退社し、以降フリーのシナリオライターとして日本映画の名作・大作を手がける。60年から平成元年3月まで日本シナリオ作家協会常務理事を務めた。主な作品に映画「点と線」「妻は告白する」「五弁の椿」「赤ひげ」「証人の椅子」「黒部の太陽」「鬼畜」「影武者」「乱」「次郎物語」、テレビ「鬼平犯科帳」シリーズなど。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android