コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井筒工法 いづつこうほうsunk well method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井筒工法
いづつこうほう
sunk well method

主として水中構造物の基礎に用いられる井筒基礎 well foundationを施工する工法。鉄筋コンクリートの筒状枠 (井筒) を地上に据え,その底部を上から掘りながら,重力の作用により井筒を下げていき,所定の深さに達したとき,底にコンクリートを打設して基礎をつくり上げる (→ケーソン基礎工法 ) 。イギリス人によって明治時代に日本に伝えられたとも,江戸時代から日本にあった桶下げ基礎工法の発達したものともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android