コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜急性硬化性全脳炎 あきゅうせいこうかせいぜんのうえんsubacute sclerosing panencephalitis; SSPE

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亜急性硬化性全脳炎
あきゅうせいこうかせいぜんのうえん
subacute sclerosing panencephalitis; SSPE

麻疹 (はしか) の治癒後,5~10年の潜伏期間を経て脳細胞がおかされる,比較的進行が早い亜急性の脳疾患。日本では 100万人に1人ほどの頻度で現れる病気で,発病年齢は5~12歳に多い。また,1.6対1の割合で男児にやや多い。初期症状としては学業成績低下,感情爆発など知能・行動異常が起り,次第に歩行障害,けいれん,筋硬直など運動性の異常が進む。末期には植物状態,呼吸障害にいたる。麻疹ウイルスの脳内持続感染が原因と考えられているがまだ明らかではなく,1998年に厚生省難病に指定した。免疫賦活剤などが投与されるが,根本的な治療法は確立していない。乳幼児期に麻疹にかからないようワクチンを接種することが最大の予防策である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

亜急性硬化性全脳炎

はしか(麻疹)ウイルスが感染後に体内に残り、7~8年後に脳障害を起こす。はしか感染者の数万人に1人が発症するという。知的障害から、けいれんや自発呼吸困難に至り、数年から十数年で死亡する。治療法が確立されておらず、国は難病(特定疾患)に指定している。

(2008-07-13 朝日新聞 朝刊 熊本全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

亜急性硬化性全脳炎の関連キーワードスローウイルス感染症遅発性ウイルス脳炎SSPE脳炎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亜急性硬化性全脳炎の関連情報