亜急性硬化性全脳炎(読み)あきゅうせいこうかせいぜんのうえん(英語表記)subacute sclerosing panencephalitis; SSPE

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亜急性硬化性全脳炎
あきゅうせいこうかせいぜんのうえん
subacute sclerosing panencephalitis; SSPE

麻疹 (はしか) の治癒後,5~10年の潜伏期間を経て脳細胞がおかされる,比較的進行が早い亜急性の脳疾患。日本では 100万人に1人ほどの頻度で現れる病気で,発病年齢は5~12歳に多い。また,1.6対1の割合で男児にやや多い。初期症状としては学業成績低下,感情爆発など知能・行動異常が起り,次第に歩行障害,けいれん,筋硬直など運動性の異常が進む。末期には植物状態,呼吸障害にいたる。麻疹ウイルスの脳内持続感染が原因と考えられているがまだ明らかではなく,1998年に厚生省難病に指定した。免疫賦活剤などが投与されるが,根本的な治療法は確立していない。乳幼児期に麻疹にかからないようワクチンを接種することが最大の予防策である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

亜急性硬化性全脳炎

はしか(麻疹)に感染して治癒した後、数年から十数年の潜伏期を経て、知的障害や歩行異常といった症状が現れる疾患。発病後、数カ月から数年かけて少しずつ症状が悪化し、やがて死に至る疾患である。
はしかに感染すると、通常は10~12日間の潜伏期を経て発症し、10日から2週間ほどで治癒する。しかし、治癒後も微量ながら麻疹ウイルスが体内に長期間存在することがある。SSPEは脳内に潜伏した麻疹ウイルスが、長い潜伏期間の間に変化し、通常の麻疹ウイルスとは少し異なった性質を持ったSSPEウイルスとなり、脳で炎症を起こすと考えられている。
遺伝性はなく、兄弟で発症することはまれであり、他人に感染することもない。
1歳未満ではしかに感染した場合や、ステロイド剤や免疫抑制剤、抗がん剤などを長期に使用するなど免疫機能が低下している状況ではしかに感染した場合に発症することが多い。SSPE患者のうち、約80%が学童期に発症している。男女比は2:1で男児がやや多い。
初期症状として、学校の成績の低下、記憶力の低下、感情が不安定になるなどの精神的な症状や、歩行が下手になる、持っているものを落とす、けいれんを起こす、転倒しやすくなるなどの運動面での変化が起こることが多い。
こうした症状が少しずつ強くなり、時間が経過するにつれ更に進行して歩行が不可能になり、食事もとれなくなる。自律神経の働きにも異常を来し、体温の上昇、大量のよだれや発汗といった症状も出現する。やがて、意識がなくなり、腕や足など全身が硬直し、自力で呼吸もできなくなってくる。
こうした変化が数年の間に起きてくることが通常であるが、数カ月でこの経過をたどる急性型や、数年以上の経過を示す慢性型が、それぞれ10%ほど存在する。
SSPEの発症頻度は、はしかに感染した人の数万人に1人といわれる。現在、国内に約150人の患者がいるとみられている。1年間に発症する患者は、5~10人。以前はこの倍くらいの発症数だったが、麻疹ワクチンの普及により減少した。
SSPEの根本的な治療法はまだ確立していない。現状の治療は、進行を遅らせて、生存期間を延ばすことを目標としている。インターフェロンやリバビリンなどの薬剤を使った治療により、状態が改善する例や、進行が止まったり遅くなったりする例が見られるようになった。早期に確定診断し、治療を早く始めることが、病気の経過を良くする可能性があると考えられている。
小児慢性特定疾患、難病(特定疾患)として承認されており、医療費の助成を受けられる。また、特別児童扶養手当や障害児福祉手当なども受給することができる。

(星野美穂 フリーライター/2018年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

亜急性硬化性全脳炎

はしか(麻疹)ウイルスが感染後に体内に残り、7~8年後に脳障害を起こす。はしか感染者の数万人に1人が発症するという。知的障害から、けいれんや自発呼吸困難に至り、数年から十数年で死亡する。治療法が確立されておらず、国は難病(特定疾患)に指定している。

(2008-07-13 朝日新聞 朝刊 熊本全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android