コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜成層圏飛行 あせいそうけんひこうsubstratosphere flight

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亜成層圏飛行
あせいそうけんひこう
substratosphere flight

成層圏に近い高空における飛行。飛行機は一般に高空を飛ぶほうが,高い山など地形による障害に対して安全であり,大気の乱れも少なく,一定の速度を出すのに必要な力が小さくてすむ。ピストン・エンジンの場合には,高空に上るに従って出力が低下するが,ターボジェット・エンジンやターボファン・エンジンではさほどでなく,一定の燃料で飛べる距離も増大する。そこで,ピストン・エンジンで駆動するプロペラ機の時代には,記録の樹立ないし研究的意味でしか行なわれなかった亜成層圏飛行が,ジェット時代には普通に行なわれるようになった。もっとも,あまり高く上ると揚力不足になり,キャビン与圧も必要になるので,現在の亜音速ジェット機の飛行高度は,1万~1万 2000mの成層圏と対流圏の境界面付近である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

亜成層圏飛行の関連キーワード巡航

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android