コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜結晶粒 あけっしょうりゅうsubgrain

岩石学辞典の解説

亜結晶粒

再結晶を伴わない結晶の焼きなまし過程で,転位の再配列により安定な転位網が作られる.この転位網を亜粒界(subgrain boundary)といい,亜粒界に囲まれた部分が亜結晶粒である[地学団体研究会 : 1996].変形した岩石に発達するもので,もとの結晶粒に対して数度の傾きで方位が異なる.これらは通常の光学顕微鏡で親結晶とわずかに異なった消光方位によって見分けることができるが,明瞭な境界を欠いている.亜結晶粒は応力がなく回復の過程で形成されたものである[Barker : 1990].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

亜結晶粒の関連キーワードニュー・グレインモルタル構造

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android