亢龍(読み)こうりゅう

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐りゅう カウ‥【亢龍】

〘名〙 (「りゅう」は「龍」の慣用音) =こうりょう(亢龍)
※あたらよ(1899)〈内田魯庵〉「亢竜(コウリウ)一と度雲雨を得(う)れば正に天下を指揮しやうって方が」

こう‐りょう カウ‥【亢龍】

〘名〙 天空高くのぼりつめた龍。転じて富貴、栄華をきわめた者をたとえていう。こうりゅう。
※本朝文粋(1060頃)一四・華山院四十九日御願文〈大江以言〉「右太上法皇。去月八日。高龍雲惨。晏駕霞登」
※俳諧・二息(1693)「亢龍の鱗と錦見こなして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android