コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交叉適合試験(交差適合試験) こうさてきごうしけんcross match

世界大百科事典 第2版の解説

こうさてきごうしけん【交叉適合試験(交差適合試験) cross match】

血液型不適合による輸血の副作用を未然に防ぐために行われる検査。輸血の副作用で最も重篤なのは赤血球不適合輸血によるもので,その原因は赤血球抗体による溶血である。輸血を行う場合,ABO式とRh式のD因子について検査を行い同型のものを選んでいるが,これら以外の血液型がすべて同じであるとは限らない。もし未検査の血液型に関する抗体を患者または供血者がもっていれば,溶血性副作用の危険がある。しかし,このような抗体があっても,患者または供血者赤血球にこれと対応する抗原がなければ溶血反応は起こらない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の交叉適合試験(交差適合試験)の言及

【輸血】より

血液型にはABO式やRh式をはじめ,多くの方式があるが,それらのなかでも,輸血で最もたいせつなのはABO式とRh式の二つである。 献血者から提供された血液を患者に輸血しようとするときは,互いにABO式とRh式が同型であることとともに,実際に両者の血液を試験管で混ぜ合わせ,凝集反応や溶血反応がないかどうかの交叉(こうさ)適合試験を行って輸血する。もし適合しない血液が輸血されると,患者は発熱や悪寒などの副作用を生じることがあり,重篤な場合には生命に危険なこともある。…

※「交叉適合試験(交差適合試験)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報