コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交戦資格 こうせんしかく facultus bellandi

1件 の用語解説(交戦資格の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交戦資格
こうせんしかく
facultus bellandi

国際法上適法に害敵手段を行使するための資格。正規軍のほか一定の民兵隊,義勇隊の構成員にも認められる。交戦資格を有する者が捕えられた場合には捕虜の待遇を要求でき,逆に無資格の交戦行為は処罰される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の交戦資格の言及

【交戦権】より

…国際法上の用語としては,戦争において害敵手段の行使や傷病者・捕虜・文民の取扱い等に関する交戦国の種々の権利の総称。現実に交戦権を行使するのは交戦資格を有する者で,交戦資格は交戦国の軍隊構成員(正規の軍人が指揮する軍艦や軍用航空機を含む)のほか,一定の条件を備えた民兵隊,義勇隊の構成員に認められてきたが,さらに今日では交戦国の組織的抵抗運動団体や自決権のために闘う民族解放団体の構成員にも認められると解しうる。なお,日本国憲法9条2項は〈国の交戦権はこれを認めない〉と規定している。…

※「交戦資格」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

交戦資格の関連キーワード害敵手段公船交戦権国際責任条約方法影響力外交的保護行使議決権行使書面

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone