コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交戦資格 こうせんしかくfacultus bellandi

1件 の用語解説(交戦資格の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交戦資格
こうせんしかく
facultus bellandi

国際法上適法に害敵手段を行使するための資格。正規軍のほか一定の民兵隊,義勇隊の構成員にも認められる。交戦資格を有する者が捕えられた場合には捕虜の待遇を要求でき,逆に無資格の交戦行為は処罰される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の交戦資格の言及

【交戦権】より

…国際法上の用語としては,戦争において害敵手段の行使や傷病者・捕虜・文民の取扱い等に関する交戦国の種々の権利の総称。現実に交戦権を行使するのは交戦資格を有する者で,交戦資格は交戦国の軍隊構成員(正規の軍人が指揮する軍艦や軍用航空機を含む)のほか,一定の条件を備えた民兵隊,義勇隊の構成員に認められてきたが,さらに今日では交戦国の組織的抵抗運動団体や自決権のために闘う民族解放団体の構成員にも認められると解しうる。なお,日本国憲法9条2項は〈国の交戦権はこれを認めない〉と規定している。…

※「交戦資格」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone