コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交流分析 こうりゅうぶんせきtransactional analysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交流分析
こうりゅうぶんせき
transactional analysis

自己分析の方法の一つ。一人の人間の中に,親の自我・大人の自我・子供の自我の3つの自我 (人格) が存在し,行動や思考の際に一つ一つの人格が出現すると考え,この3つの自我の質と量を分析する (構造分析) 。次に,3つの自我のかかわり合い (交流) を分析する。自分を知ることにより,ストレスに対応し,自分をコントロールするという考え方が根底にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうりゅうぶんせき【交流分析】

アメリカの精神科医バーン(E. Berne1910~1970)により創始された心理療法の一。精神分析の影響を受けた理論に基づき、人格構造や対人関係でのやりとりの型の分析を行う技法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

交流分析の関連キーワード臨床心理学異常心理学ストロークエゴグラム心身症TA

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android