コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交野時万 かたの ときつむ

2件 の用語解説(交野時万の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

交野時万

公卿。時(晃)交の男。姓平。巣鴨氷川神社大宮司兼権少教正吉神社大宮司兼少教正。子爵。御歌所参候。文書を能くし殊に和歌に名あり。安政勤王八十八廷臣の一。大正3年(1914)歿、83才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

交野時万 かたの-ときつむ

1832-1914 幕末-明治時代の公卿(くぎょう),神職。
天保(てんぽう)3年5月19日生まれ。権(ごんの)少納言で侍従をかね,安政5年(1858)日米修好通商条約締結の勅許をはばむため,中山忠能(ただやす)ら廷臣88人による反対運動にくわわる。慶応2年正三位にすすんだ。維新後,氷川・日吉両神社の大宮司(だいぐうじ)。大正3年1月17日死去。83歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

交野時万の関連キーワード園基祥竹屋光昭地下の公卿会田安昌飛鳥井雅望勝田栄輔近藤藍圃東儀季熈萩原員光堀江宗賢

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone