コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交野時万 かたの ときつむ

美術人名辞典の解説

交野時万

公卿。時(晃)交の男。姓平。巣鴨氷川神社大宮司兼権少教正吉神社大宮司兼少教正。子爵。御歌所参候。文書を能くし殊に和歌に名あり。安政勤王八十八廷臣の一。大正3年(1914)歿、83才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

交野時万 かたの-ときつむ

1832-1914 幕末-明治時代の公卿(くぎょう),神職。
天保(てんぽう)3年5月19日生まれ。権(ごんの)少納言で侍従をかね,安政5年(1858)日米修好通商条約締結の勅許をはばむため,中山忠能(ただやす)ら廷臣88人による反対運動にくわわる。慶応2年正三位にすすんだ。維新後,氷川・日吉両神社の大宮司(だいぐうじ)。大正3年1月17日死去。83歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

交野時万の関連キーワード公卿

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android