コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山忠能 なかやま ただやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山忠能 なかやま-ただやす

1809-1888 江戸後期-明治時代の公卿(くぎょう),華族。
文化6年11月11日生まれ。明治天皇の外祖父。中山慶子(よしこ),中山忠光の父。安政5年幕府の条約勅許奏請に反対,のち公武合体論をとなえ,和宮降嫁をすすめる。萩(はぎ)藩の尊攘(そんじょう)派を支持して,禁門の変後出仕停止となる。慶応3年明治天皇践祚(せんそ)でゆるされ,王政復古により議定(ぎじょう)となる。従一位,准大臣。侯爵。明治21年6月12日死去。80歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中山忠能

没年:明治21.6.12(1888)
生年:文化6.11.11(1809.12.17)
幕末公家,宮中政治家。父は忠頼,母は綱子。明治天皇の生母,慶子の父。老中堀田正睦が条約勅許を求めて上洛中の安政5(1858)年3月,正親町三条実愛らと共に反対の建議書を提出。次いで88廷臣の列参奏上に参画,同年5月議奏に就任して朝議決定の構成員となった。和宮御縁組御用掛に任命され,文久1(1861)年10月江戸に赴く。次いで島津久光および薩摩藩の公武合体運動を支持,尊王攘夷派の志士と攘夷派廷臣の攻撃にさらされ,同3年1月議奏を辞職した。翌元治1(1864)年7月,前年の8月18日の政変で失った勢力の回復を図って長州藩が武力上洛を敢行するが,その際支持の姿勢を示す。禁門の変で長州藩兵が敗北した直後,参朝・他人面会・他行の禁止に処せらる。慶応3(1867)年1月孝明天皇の死に伴う大赦によって処分解除。同志の長老として岩倉具視,中御門経之らと共に王政復古の政変を画策,討幕の密勅作成に関与した。政変後,三職制が新設されて議定に就任。以来,輔弼,神祇官知事,神祇伯。明治2(1869)年9月王政復古の功により賞典禄1500石を永世下賜。同4年麝香間祗候,同7年華族会館の設立に尽力,御歌会式取調掛,柳原愛子(大正天皇生母)御産御用掛,明宮(大正天皇)御用掛などを務め,80歳で没した。<著作>『中山忠能日記』<参考文献>『中山忠能履歴資料』

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかやまただやす【中山忠能】

1809‐88(文化6‐明治21)
幕末・維新期の公卿。羽林家200石の中山家に生まれ,権大納言にすすむ。曾祖父愛親が尊号一件にかかわり,その子中山忠光は天誅組の乱に参加。また娘慶子が権典侍として孝明天皇に仕え,祐宮(明治天皇)を生んだので,外祖父として養育にあたる。幕府からの公武合体のための和宮降嫁要請には岩倉具視とともに活動し,和宮に従って東下した。具視のように朝廷を追われることはなかったが,1864年(元治1)禁門の変後参朝を停止された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なかやまただやす【中山忠能】

1809~1888) 江戸末期の公家。明治天皇の外祖父。幕末の朝廷で攘夷派として活躍。岩倉具視らと王政復古の議に参画。日記三巻(1859~1868)は幕末・維新期の資料として貴重。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中山忠能
なかやまただやす
(1809―1888)

幕末・明治前期の公家(くげ)。文化(ぶんか)6年11月11日生まれ。1813年(文化10)侍従。47年(弘化4)権大納言(ごんだいなごん)に昇進。49年(嘉永2)より63年(文久3)まで断続的に議奏(ぎそう)、議奏加勢を勤める。この間幕府の外交措置問題に関したびたび意見を述べた。公武合体、和宮(かずのみや)降嫁を岩倉具視(ともみ)らと推進するが、62年尊攘(そんじょう)派の台頭により糾弾され、8月一時差控(さしひかえ)を命ぜられる。同年12月国事(こくじ)御用掛に復活し幕府に攘夷(じょうい)の実行を迫る。翌64年(元治1)禁門(きんもん)の変に際し、長州藩のために尽力し禁足処分を受けた。67年(慶応3)1月皇太子(母は忠能の女(むすめ)慶子(よしこ))践祚(せんそ)を機に参朝許可となる。王政復古実現に尽力し議定(ぎじょう)に任命され、以後神祇(じんぎ)官知事、宣教長官などを歴任した。明治21年6月12日没。[佐々木克]
『日本史籍協会編・刊『中山忠能日記』全4巻(1926/復刻版・1973・東京大学出版会) ▽日本史籍協会編・刊『中山忠能履歴資料』全10巻(1932~35/復刻版・1974・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中山忠能の関連キーワード正親町公董嵯峨 実愛正親町実正安政の大獄田中河内介中山一位局近衛忠房明治時代池内大学真木和泉中山三屋中山綱子中院通富交野時万堀河康親九条尚忠慶光天皇飯岡秀安藤波家

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中山忠能の関連情報