コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交雑種 コウザツシュ

知恵蔵miniの解説

交雑種

異なる属・種・品種の2個体間の交配により生まれた生物のこと。異種交配動(植)物、ハイブリッド、一代雑種。人為的な方法によってのみ作られた交雑種としてはライオンとトラの間に生まれた「ライガー」「タイゴン」が有名であり、ペットとしては犬や猫の異品種間に生まれた仔が「ミックス犬(猫)」として知られている。生態系のリスクとしては、タンポポ・サル・タナゴなど外来種在来種との間の交雑種が、在来種を駆逐する現象も指摘されている。また特に畜産業において、牛の一代雑種のことを指す言葉として使われる。この場合一般に、乳用種の雌牛と肉専用種の雄牛を交配させたものであり、子牛が雄の場合には肉牛となる。

(2016-12-15)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

交雑種の関連キーワード佐藤さんちの神居牛とかちポロシリ黒牛ビション=ヨーキーとちぎ霧降高原牛ひらい牧場伊豆牛くまもとの味彩牛北の情熱 八雲牛甲州ワインビーフ千葉しおさい牛なかなかびーふ甲州麦芽ビーフ伊予牛 絹の味十勝四季彩牛しあわせ絆牛オーラスター那須ハーブ牛十勝ハーブ牛コッカープーナイスビーフ宮城日高見牛

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

交雑種の関連情報