享保通鑑(読み)きょうほうつがん

世界大百科事典 第2版の解説

きょうほうつがん【享保通鑑】

小宮山昌世(まさよ)(謙亭)の著。20巻および増補からなる。1716年(享保1)より32年までを主とし,この間に幕府から出された法令や裁判記録,それにともなう政務など,また火災や水害,飢饉などのできごとを年代順に記したもの。享保改革時の情勢を知ることのできる重要な史料で,とくに法令が多く収録されていることから,この時期の法典編纂過程をうかがううえでは欠くことができない。【斎藤 洋一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android