コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小宮山昌世 こみやま まさよ

3件 の用語解説(小宮山昌世の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小宮山昌世 こみやま-まさよ

1689-1773 江戸時代中期の武士。
元禄(げんろく)2年生まれ。幕臣。太宰春台(だざい-しゅんだい)にまなぶ。幕命により下総(しもうさ)佐倉(千葉県)小金を開墾。享保(きょうほう)9年甲斐(かい)(山梨県)石和(いさわ)の初代代官となる。農政家として知られ,「田園類説」「地方問答書」などをあらわした。安永2年閏(うるう)3月20日死去。85歳。本姓は辻。字(あざな)は君延。通称は杢之進。号は謙亭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小宮山昌世

没年:安永2.閏3.20(1773.5.11)
生年:生年不詳
江戸中期の儒者,幕臣。字は君延,通称杢之進,謙亭と号した。江戸小石川に住む。太宰春台の門人。将軍徳川吉宗の命を受け,検地に関する書物『正生録』を書き,また佐倉小金(千葉県佐倉市)の開墾によって賞せられるなど,農政や経済の分野の専門家として活躍した。享保6(1721)年から代官職に就き,良吏として評判も高かった。代表的な著作に『田園類説』『地方問答書』『享元聞見志』『東都事略』などがある。<参考文献>大石慎三郎『享保改革経済政策』増補版

(小島康敬)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こみやままさよ【小宮山昌世】

江戸中期の代官。生没年不詳。はじめ源三郎,のち木工進(杢進,杢之進)と称する。字は君延,号は謙亭。辻弥五左衛門守誠(もりのぶ)の四男として生まれ,小宮山友右衛門昌言(まさとき)の養子となった。太宰春台に古学を学ぶ。1721年(享保6)閏7月に幕府代官となる。下総佐倉,小金牧の開墾などにあたり,褒賞されたこともあるが,晩年は不遇であった。《地方凡例録(じかたはんれいろく)》には,辻六郎左衛門守参(もりみつ)とともに〈地方の聖〉としてあげられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の小宮山昌世の言及

【享保通鑑】より

小宮山昌世(まさよ)(謙亭)の著。20巻および増補からなる。…

※「小宮山昌世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小宮山昌世の関連キーワード舎羅心月元昇蔡倫鳥居清倍劉徽雪村筑波子梶川彦兵衛沈銓藤井源三郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone