コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京山幸枝若 きょうやま こうしわか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京山幸枝若 きょうやま-こうしわか

1926-1991 昭和-平成時代の浪曲師。
大正15年8月10日生まれ。浪曲師を両親にもち5歳で初舞台。初代京山幸枝に入門し16歳で独立。浪曲リサイタルをうちだし,「会津(あいづ)の小鉄」や河内(かわち)音頭にのせた民謡浪曲をヒットさせ,関西浪曲界の重鎮として活躍した。平成3年6月24日死去。64歳。岡山県出身。本名は小椋喬(おぐら-たかし)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

京山幸枝若の関連キーワード清水宏五所平之助島津保次郎斎藤寅次郎溝口健二衣笠貞之助田坂具隆スペースシャトル飛行記録ケビン コスナープドフキン

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

京山幸枝若の関連情報